ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

結局21は何がしたいのか?


昨日発表され、ちょっとしたバズになっている21と彼らの初のメジャーなプロダクトThe 21 Bitcoin Computer.

Bitcoin-Computer.jpg (700×500)

 

マイニングが誰でも出来るだ、広告なくすだ、インターネット変わるだ、なんか色々言ってますが結局何がしたいのか?

自分も聞けば聞くほど何をやっているか、やりたいのかよくわからない気もしましたし、いまだに全容を理解していないところもあります。が、今自分が理解している範囲で速報的に21が何をしようとしているのか、The 21 Bitcoin Computerにどんな意義があるのか書いてみます。

 

もっと情報が出てくるごとに随時更新していこうと思います。一回で全部説明するのは難しいですし、まだ自分にも不明瞭なところがあるので。

 

なお、すでに日本語でも記事がいくつか出ていますので記事の最後にリンクを貼っておきます。そちらも是非確認してみてください。

 

21は何がやりたいのか?

21が目指しているのは、オンライン上のあらゆるサービスやコンテンツを、21のエコシステム上でビットコインで簡単にシームレスに販売、購入可能にすることです。特に今までインターネット上では不可能だったマイクロペイメント(少額決済)をあらゆるところで可能にし、ビットコインをインターネット使用に必須な資源化(燃料化)することを目指しています。

 

マイニングチップがどうのこうの、という話もありますが、自分が今まで調べた限りでの結論としては、一番簡潔に言えば、21はオンラインマイクロペイメントプラットフォームです。 

 

 21 Bitcoin Computerってじゃあ何なの?

オンラインペイメントプラットフォームをやりたいとしたら、そもそもマイニングも出来る400ドルもするハードウェアを販売する必要性はないように思えます。なんでそんなものを流通させたいのか?

 21によれば21 Bitcoin Comupterは、ビットコインプロトコルのハードウェアとソフトウェアを1つに内包した世界初のコンピューターだそうです。

 

これがマイクロペイメントにどう関係するというかというと、

 

ハードウェア

→マイニングの部分です。21 Bitcoin Computerに備え付けのASIC(マイニング専用機)を使用して、マイニングをすることでビットコインの入手が出来ます。入手したビットコインはオンラインのコンテンツの購入などに使えます。

ソフトウェア

→マイクロペイメントサーバーと開発者用の環境(コマンドラインインターフェイス)です。要は、開発者が簡単にウェブサービス上などでビットコイン支払いを組み込めるように出来るプログラム環境を提供するということです。後ほど具体例は列記しますが、例えばYahoo知恵袋みたいなサービスで「この一段落を今すぐにスペイン語に翻訳して。10円で。」といったものなどが簡単に作れるようになるというイメージです。

 

21 Bitcoin Computerでは上記2つを一つのパッケージとして販売することで、ワンストップで開発者が簡単にビットコインプロトコルを利用した開発が出来るだけでなく、コンテンツの購入や開発に必要ないわゆる弾となるビットコインを備え付けのASICを使ったマイニングを通して継続的に入手することも出来ます。

 

実はThe 21 Bitcoin Computerというのは、マイニング機器としての意味合いは低く、開発者用のワンストップ開発キットと言ってもいいかもしれません。結局21 BCを使ってマイニングできる量のビットコインなんてたかがしれていますし、マイニング単体で利益を上げることも出来ませんので。重要なのは、The 21 Bitcoin Computerさえあれば、弾となるビットコインの入手から、21のマイクロペイメントサーバーを利用した開発、コンテンツ販売・購入まで一貫して出来るということ。ビットコインスターターキットとも言えるかもしれません。

ガチャっとパソコンにつなぐだけで、自動的にビットコインプロトコルにつながれて、パソコンがビットコインモードになる、と考えると少しかっこいいです。

具体的に21のネットワークを使うと出来るようになることは?

では、The 21 Bitcoin Computerの意義というのが何となくわかったとして、具体的に21 Bitcoin Computerや21のネットワークを使うとどんなことが出来るようになるのでしょうか?

The 21 Bitcoin Computerで出来る21のことという記事を見つけましたが、Twitter上でBTCNのザキヤマさんが親切にも日本語訳しているので、そのまま無断で使っちゃいましょう。

 

 

一言で言えば、「え、そんな細かいものまでそんな細かい金額で課金したり、支払えるようになるの?」という感じでしょうか。

 

例えば、インターネットの核となる検索の部分にもビットコインマイクロペイメントを組み込むことで、広告を非表示にしたり、検索の精度を上げたりすることがいずれ可能になるようです。文字通りインターネット上のコンテンツの全て、オンライン上の行動の全てを課金、販売することが出来るようになります。

ビットコインはインターネットに最適化された通貨として、手数料やセキュリティーなどの面で既存の仕組みに優位性を持ちますが、そのビットコインでのオンラインペイメントを21はさらに深く、さらにシームレスに一つ上の段階に引き上げようとしているようです。

 

なぜオンラインマイクロペイメントは重要なのか?

さて、21を使うと、インターネット上のものがなんでもかんでも有料課金できるようになるかもしれないというのはわかりましたが、そもそもインターネット上のものを細かく有料課金して誰が何の得をするのでしょうか。

 

今のインターネットはユーザーの個人情報などを収集して、それを広告主に売りつける広告モデルがベースになっています。


例えば、みなさんも気づいているとは思いますが、私自身の位置情報、写真、スケジュールなどの個人情報はほぼ全部Googleに筒抜けです。それに合わせて最適化された広告や提案がGoogleから送られてくるわけですが、Googleはおそらく自分の家族以上に自分のことを知っていると言えます・・・。

 

インターネット上のサービスの多くが無料であるのも、それは広告に基づいたインターネット経済が出来上がっているからです。Youtubeのビデオは無料で見れますが、無料な代わりにビデオ再生前に広告を押し付けられますよね?広告を見るという行為は自分の時間を消費しますし、不必要なモノやサービスへの欲を掻き立てられているとすれば、それは自分にとってはコストでしかないです。実は無料なものなんてないのです。

 

21はこの広告ベースのインターネット経済を、シームレスなビットコインマイクロペイメントを通して変えようとしているのです。それが最終的には一般ユーザーの解放や経済的自立につながるとさえ言っています。

 

もう少し具体的に言えば、広告ベースモデルからリクエストベースの少額課金モデルが一般的になれば、

  • 個人のプライバシーの向上
  • セキュリティーの向上(個人情報などの集中減)
  • コンテンツクリエイターの収益増加

 などが見込まれます。ちなみに、私個人としても今の広告ベースのモデルは理想ではないと思っており、広告モデルからの脱却は少なくともユーザー、一般消費者にとってはポジティブだと思います。

 

最後に 

21がやろうとしていることは、インターネット経済のあり方を根本的に変えようとするかなり壮大な話です。もし、21のビジョンが実現されれば、ビットコインはオンライン上のあらゆるサービスを使うための必須の燃料のような存在となり、インターネットの収益モデルなども大きく影響を受けるでしょう。

 

また、将来的にはThe 21 Bitcoin Computerのようなデバイスを接続するだけで、パソコンだけでなくインターネットにつながるあらゆるモノ(IoT)がビットコイン経済にシームレスに直接つながり、単なるペイメントプロトコル以上の意義を持つようになるのかもしれません。The 21 Bitcoin Computerがエンジン、ビットコインがガソリンになり、オンライン上の色々なものを動かすようになるイメージでしょうか。

 

と、壮大な話にわくわくしつつもまだ自分自身がわかってない部分や、21のビジネスモデルやマイニングチップの必要性など疑問もあります。

 

また、追加で色々情報が出てくると思いますのでその時にまた何か書きたいと思います。The 21 Bitcoin Computerが届くのは11月以降のようですが、使ってみた開発者に色々話を聞いてみたいですね。その頃までに21のASICが無価値レベルに型落ちしていないことを祈りつつ。

 

それでは。

※※※

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった場合は、カウンターお財布などのCounterparty対応のWalletからビットコインで寄付してください。詳細についてはこちらの記事からどうぞ。このブログの成功を読者と分け合うwin-winの関係を築けるか、という実験です。

 

また、寄付金額により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。最新のレートについてはこちらのスプレッドシートで確認できます。

 

1ABG119jVm2jRw6sz4ewurc5jFRJkwu6aj

f:id:coinandpeace:20150519182542p:plain

 

参考記事

21 Bitcoin Computerは発展途上だが夢のある製品かもしれない | ビットコインニュースのBTCN

21 - The 21 FAQ

The 21 Inc. Computer is the new Altair 8800

World's first bitcoin computer could bring an end to online advertising