ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

Fitcoinについて色々突っ込んでみる

f:id:coinandpeace:20150614144122p:plain

 

昨日か一昨日かにFitcoinという暗号通貨の一種に関する日本語の記事を発見しました。

 

簡単に言えば、エクササイズの量に応じてFitcoinという暗号通貨が手に入り、それが運動や健康維持へのインセンティブになるというもののようです。

 

私はこの試みについては初耳だったのですが、突っ込むところが結構多かったので、色々自分が「ん?」って思ったとことにコメントして行きます。実はメインストリームのメディアの記事は似たようなことを思うことが多いので(別に悪意があるわけではないですが)、ちょうどいい機会だと思います。

 

Fitcoinのマイニングの仕組み?

ユーザーの運動中にトラッキングされる心拍数やエクササイズの時間に関するデータはウェアラブル端末に蓄積される。連動したFitCoinアプリに転送されたデータは、独自のアルゴリズムによってマイニングへとプロセスされる。

要は激しく運動すればするほどそれが評価され、その分Fitcoinという暗号通貨がもらえるようだが、そもそもそれってマイニングなのだろうか?特定の行動、状態を計測し、それに対して報酬を与える仕組みを広義でマイニングと呼んでいるだけかもしれないですが、実は何々をするのがマイニングになります!っていうのは前からすごい違和感がありました。

 

それともブロックチェーンのプロトコルレベルでそれが組み込まれていて、ノードの運動量に応じて新しいFitcoinが生成されるという仕組みになってるのでしょうか?Fitcoinそのものについて調べてないので(すいませんw)、そこらへんの詳細はわかりませんがマイニングという定義がはてな?ってことはたくさんあります。

 

例えばジムに来る回数に応じてCounterpartyのトークンをあげます、っていうジムがあれば、「ジムに来ることでマイニングができます!」というのでしょうか?ちょっと違う気がします。

 

同じような違和感は例えばLaZoozのロードマイニングという表現でも思いました。LaZoozのアプリをインストールして動き回るとZoozというOmniトークンをもらえるという仕組みですが、それってマイニングなのでしょうか。まあ定義の問題の気がしますが、何だかマイニングという言葉だけ独り歩きし、一般の人に正しく理解されてない気がします。まあ、一般の人にマイニングの仕組みを正しく理解しましょうというのは無茶な気もしますがw

 

トレーニングのインセンティブになるの?

 FitCoinのデザイナーであるグラント・ニコル氏がトレッドミルで4分ほど心拍数115をキープして走ったところ、Mio Bandからのデータを受信したFitCoinが5セントほどマイニングした。

確かに特定の行動に対して報酬が与えられるというのが、ビットコインなどの暗号通貨の面白い部分の一つだと思いますが、4分走ってFitcoinを5セントでは飲み物買うのすら難しい気が。実際自分は一回につき30分くらい走ったりすることが多いですが、5*7.5=37.5セントしか稼げませんw

 

確かに0より37.5セントの方が合理的に考えるといいのですが、これがインセンティブになってもっとトレーニングしようとはなりませんね。人によっては馬鹿にしてるのか!とか言って、何もあげない時よりモチベーションを下げることになりかねません。

 

これは暗号通貨に限った話じゃないかもしれませんが、こういうインセンティブ設計って本当に大変で、Fitcoinがどのようにそこらへんを考えているかはわかりませんし、もしかしたら今後ペイアウトが劇的に上昇するのかもしれませんが今のリワードをマジで言っているとしたらそれは結構まずいです。

 

そもそもFitcoin使う意味はあるの? 

そもそもトレーニングにインセンティブを与えたいなら、よくわからないAltcoinを上げるんじゃなくて現金割引でもビットコインでも上げればいい気がするのですが。

 

その前に、そもそもFitcoinで何ができるのか?というより根本的な疑問が浮かびます。Fitcoinを使って最新トレーニング機器が使えるとか、特製プロテインが購入できるとかそういう感じなのでしょうか?記事を読んだ感じではわかりませんでしたし、4セント分のFitcoinがもらえるといってもそもそも4セントという価格設定はどのように誰が決めてるのでしょうか?また、その4セント分で何ができるのでしょうか?それなら4セント割引するか、他にも使用用途が多いビットコインなどをくれた方が嬉しいですよね?

 

まとめ

こういう何かしらの善行に対して暗号通貨を使って報酬を与える仕組みは非常に面白いと思いますし、自分もある意味で似たようなことをやっているので応援したい気持ちもあります。

 

同時にインセンティブ設計が悪かったり、そもそも特製のコインを使う意味がなかったりというのは結構よく見るパターンです。もちろん自分もそこは苦戦しながら色々実験したりしていますが、エクササイズするとコインがもらえる!なんていうそれっぽいウェブサイトを作るだけでは不十分だと思います。

 

まあ、自分も夏を前にジムで筋トレ開始しようと思ってるので、こういうのあったら本当は嬉しいんですけど。ジムで一生懸命頑張る必要があるのは体がたるんでる自分だけでなく、Fitcoin開発者もですね笑

 

※※※

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった場合は、カウンターお財布などのCounterparty対応のWalletから是非寄付していただき、実験に協力していただければ。詳細についてはこちらの記事からどうぞ。このブログの成功を読者と分け合うwin-winの関係を築けるか、という実験です。

また、寄付金額により、お返しのCNPOINのレートは変わっていきます。最新のレートについてはこちらのスプレッドシートで確認できます。

 

1ABG119jVm2jRw6sz4ewurc5jFRJkwu6aj

f:id:coinandpeace:20150519182542p:plain