ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

BIP148(UASF)の概要とリスク

f:id:coinandpeace:20170608135042p:plain

昨日ビットコイナー反省会の特別収録として、8月1日にアクティベートされる可能性のあるBIP148について大石さんをゲストに迎え、BIP148の概要と仕組み、考えられるシナリオ、リスクなどについて公開議論しました。

 

BIP148、もしくはUASF(User Activated Soft Fork)にはコミュニティの中でも賛否両論あり、海外のコミュニティではこの話で今持ちきりなのですが、日本語での情報はまだ限られているということで、簡単な背景の説明も含め、かなり突っ込んで議論出来たと思います。

www.youtube.com

 

BIP148は成功すれば、速やかに一つのチェーンに収束し、SegWitの導入、Asicboostの排除など、Antpoolのチート問題、手数料問題の改善、マリアビリティの修正によるセカンドレイヤーソリューションの前進など、ビットコインにとって大きなターニングポイントになるのは間違いないですが、同時にネットワークの分断の常態化による混乱とユーザビリティーのさらなる低下、ハードフォークやPoWアルゴリズム変更によるネットワークの完全な分裂などのリスクもあり、一般ユーザーやビットコインホルダーにも直接影響する、非常に重要かつ深刻な問題です。

 

議論の内容としてはこの記事で紹介するより、是非動画を直接見て、賛成するか反対するか、ユーザーとしてどのような対策をとるべきか各自考えて欲しいです。(関連する記事のリンクなども動画詳細に貼っています)

 

8月1日まで間違いなく二転三転状況が変化していくと思うので、より詳細な解説が聞きたい人、直接質問したい人などはビットコイン研究所への参加も是非検討してください。こちらでは実際かなり詳しくカバーしてます。