読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

Spells of Genesisがついに明日(4/20)にリリース!注目すべき理由は?

 

f:id:coinandpeace:20170419193346p:plain

タイトルの通り明日、4月20日にSpells of GenesisがついにAppstoreとGoogle Playでリリースされます。

 

自分は2014年からこのプロジェクトを見てきて、IndieSquareBook of Orbsの方でも密に連携しているのですが、ようやくここまで漕ぎつけられてとりあえずよかったな~というのが正直な感想です。

このブログではあまり宣伝というか特定のプロジェクトを褒めたりはしないのですが(半ばディス専門!?笑)自分は今回のSoGのリリースに注目すべき理由を簡潔に紹介しておきます。

なお、SoGに関しては公式ホームページに情報がまとまっているのと、自分が以前BTCNゲームアイテムのトークン化について考察した記事があるので、そちらも確認してみてください。

 

1.SoGは初めてまともなプロダクトを出すICOプロジェクトである点

 

ICOは最近の流れと今後の予想も含めて言いたいことは結構溜まってるのですが(多分その内記事にします)、やはり最大の問題点はシンプルに「今までICOをしたプロジェクトで成功したプロジェクトがない」という点でしょう。

その点では、SoGが実は初めてまともなプロダクトをリリースするICOをしたプロジェクトというのはそれでもちょっと感慨深いですし、過小評価出来ないかなと思います。(まあ約束したもの届けるのなんて当たり前の話なんですが、それすらも出来ないものやそういうものが大量生産されてしまっている仕組みや現状問題なのですが…)

 

自分は元々ICOという仕組み自体は本来期待していて、まともなチームがまともなビジョンでやる限りは有効な仕組みになると思っている(いた?)のですが、今回SoGがプロダクト出せたというのもICOの仕組みの部分と関わるところもあると思っています。

まあともかく、とりあえず想定していたようなプロダクトが出せた、というのはそれだけでも個人的にも喜ばしいことです。

2.一般層向けの数少ないプロジェクト

最近はDappsが流行って?いたり、他にもかなりマニアックなプロジェクトはたくさんありますが、メインストリームに近い層にアプローチできるクリプト関連のプロジェクトってまだほとんどないんですよね。もちろん一般層向けに我々は作っているんだ、っていう人たちは結構いますが、「一般の人たちに使う理由のない」ものがほとんどです。(ちなみに一般層でも使う意味のあるサービスはPurse.ioとかが他にはありますね)

 

SoGは最終的にはゲームなので、趣味や好き嫌いもあると思いますが、ビットコインやブロックチェーンとか無視しても、それ自体が面白ければ一般の人にもリーチし得ます。単純にゲームが面白いとか、SoGの場合ではゲームアイテムの一部はブロックチェーン上でのトークンなので、単純にレアなアイテムを集めたい、という割と感情的な需要は一般層にも通じるところはあると思います。

特に、SoGには「トークン化」という概念があり、通常のアイテムを一定レベルまで強化すると「トークン化」して実際にブロックチェーン上で保有できる、という機能が5月に追加される予定です。この仕組みなら一般ユーザーは特にビットコインを入手してこなくてもゲームをプレイするだけでトークンを受け取ることは可能で、一般プレイヤーにとっても参加しやすいような仕組みは重要だと思っています。

3.デジタルアセットコレクションの王様としてのSoG


すでにSoGから発想のヒントを得て、同様のモデルを応用するゲームやプロジェクトはたくさん出てきています。Beyond the Void, Augmentorsなどのゲームだけでなく、みんな大好きRarepepeも元々SoGにインスピレーションをもらったと言っています。

 

これらのプロジェクトの元祖であることもある意味すごいですが、それ以上に面白いのはトークンのオープンな性質を利用したクロスコラボレーションなどが可能な点です。

 

例えばSoGとAugmentorsがコラボして、双方のゲームで使用可能なカード(トークン)を発行したりしていて、それぞれのユーザー層の共有だったり、トークンを通したユニークな関係を築けるわけです。実際SoGとコラボトークンを発行することで、トークンの価値が向上するという現象はすでに数多く発生しており、SoGがその他のプロジェクトにも価値を与える、暗号通貨で言えばビットコイン的な、「デジタルアセットの王様」な感じに今はなっています。

ちなみにこのブログ用に発行したCNPCOINとSoGがコラボしたCNPCARDというかなりかっこいいカードもありますからね!(中々優秀なカードなので、是非ゲットしてプレイしてみてください)

CNPCARD



なので、今回のリリースはSoGにとっても重要なマイルストーンなだけでなく、SoGが成功することでその他のプロジェクトにも新しいユーザーが流入したり、相互のプロジェクトの価値を高め合い、トークンエコシステム全体にとって重要な意味を持つかもしれません。

 

 

というわけでちょっとまとまりのない文章になってしまいましたが、SoGが明日リリースということで、とりあえず暗号通貨とかは抜きにしても興味のある人は是非ゲームとしてインストールして試して欲しいなーと思います。

 

将来的に対戦できるようになったときは自分が大人買いしたブロックチェーンカードでその他のビットコイナーをばっさばっさとなぎ倒しますので笑

それでは。