ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

Rarepepeの衝撃 Dogecoinの再来か!?

なんか最近こういう感じのカエルのよくわからないキャラクターをビットコインスペースで見かけたことありませんか?

 

f:id:coinandpeace:20161017093812p:plain

 

f:id:coinandpeace:20161017093826p:plain

 

 

ついにはこんな写真まで出てきてます笑

 

f:id:coinandpeace:20161017094059p:plain

 

多分なんだこれ!?って感じだと思いますが、実は静かにかつてのDogecoinのようなインターネットMemeの再来があるかもしれないので紹介しておきます。

 

Pepe the Frog?

このカエル「Pepe」とか「Pepe the Frog」とか呼ばれるキャラクターで自分も全然知らなかったんですが、実は結構歴史があるキャラ/memeのようです。

 

もともとBoy's clubというコミックに出てくるキャラで2008年くらいから4chan(海外版2チャン的なもの)などで内輪ジョークみたいな感じで使われていて、最近Donald Trumpの選挙でなぜかいきなり大量にMemeとして使われ始めて、インターネット上の色んなところで見かけるような状態になっています。

 

Rarepepeカードとビットコイン

そして気づいたらこの波がビットコイン業界にも来ていたようで、1か月ちょっと前から気づいたらRarepepeとか言ってカエルのイラストを使って、業界内の人物や事件をコミカルに皮肉って、そのイラストカードをカウンターパーティ上のコインとして発行して、「これは超レアだ」とか「Rarepepeで将来家が買えるようになる」とかジョーク的に言い始める人が数人出てくると、いきなり爆発的に人気が広がって気づいたら無視ができないほどの参加者やカードの種類の増加、トランザクション数を誇るようになりました。(現在カウンターパーティ上のトランザクションの半分くらいがPepeになっているような状態)


基本的にはユーザーが勝手に作ったPepecardでクオリティが高いと認定されたものが公式化され、それをみんなが勝手に送りあったり、カウンターパーティ上のDexでトレードしたりしています。 

 

このようなMemeをベースにしたギャグコイン的なものはDogecoinでいきなり本格化したのですが、今となっては半死状態のDogecoinですが、一時期ものすごい規模になっていたり、本気でDogecoinがビットコインで成し遂げられなかったマスアダプションをするとか言ってた人たちもいたくらいで、一時的なものと中々侮れないわけです。

 

Rarepepeカードを一部紹介

現時点で215種類存在する個人的にツボに入っているRarepepeカードをいくつか紹介します。

 

 

f:id:coinandpeace:20161017133938p:plain

 

 なんかかわいいような不気味なような絶妙なバランス笑

 

f:id:coinandpeace:20161017134009p:plain

 

 ビットコイン投資研究所のきつねさんはきっともう買ってるでしょう!笑

 

f:id:coinandpeace:20161017134032p:plain

 えーっとどっかで見たことあるような人ですね…。 

 

f:id:coinandpeace:20161017134041p:plain

 
伝説のアルバムもPepeにかかると…

 

f:id:coinandpeace:20161017134053p:plain

 
かっこいい、というかツボる笑

 

 

などなど他にもビットコイン業界内の人をモチーフにしたカードだけでなく、政治家だったり、映画のキャラを題材にしたものまで好き勝手に作っています。

そしてなんと!!!!

Kojipepeカードも作ってもらって公式認定されています!笑

 

f:id:coinandpeace:20161017134833p:plain


これは笑うべきなのか、恥ずかしがるべきなのか、何だかすごい複雑な気がするカードです笑(特に英語のニュアンスがわかる人には失笑ものでは…w)

(※Kojipepeの入手方法などは後述)

 

Pepeに参加するには?

 

さて、ここまで読んだ時点で興味を持った人もいるかもしれないので、一応Pepeカードの集め方、もしくは自分でもPepeカードを作って応募してみようと思っている人にやり方を紹介します。

 

Rare Pepe Directory – Rare Pepes on the Bitcoin Blockchain.

 

基本的な情報、重要なリンクなどは全て上記のサイトに載っていますが、日本語でも重要なポイントをまとめると、

 

Rarepepeの集め方

 

基本的にCounterwallet、IndieSquare Walletなどカウンターパーティに対応したウォレット上なら問題なくPepeカードの送受信、トレードなどが出来ます。

ただし、Rarepepeに特化したウォレットも存在し、


Rare Pepe Wallet

というウェブウォレットでPepeのイラストを見ながら送受信Dexでのトレードもできます。

また、Book of Orbs上でも、秘密のPepeモードが存在し、モバイルアプリからPepeカードのコレクションの確認やトレードが可能です。

 

f:id:coinandpeace:20161017151335p:plain

 

f:id:coinandpeace:20161017151405p:plain

(設定から秘密のコード「rarepepe」と入力すると現れる秘密ステージ…)

 

Pepeカードの基本的な入手方法は、DexでのXCPを利用したトレードが中心になりますが、英語が大丈夫な人はPepeのTelegramのグループで自己紹介でもして、ここのアドレスに送ってね、と言うとコミュニティー内の人が多分何かしら送ってくれると思います。

 

Rarepepeカードの作成方法

日本のビットコイナーの中にはかなりクリエイティブな人も多いので、もしかしたこのPepe戦争に参戦したいという人もいるかもしれないので、簡単に方法を説明します。

 

  1. まずカウンターパーティトークンを発行する

    とりあえず「PEPEMAX」でも「Tokyopepe」(あれ何かこんな名前の人いたような…w)でもなんでもいいので、使いたいカード名の名前のトークンを発行しましょう(トークン発行方法は色んなところで情報落ちていると思うの割愛。0.5XCPが必要です)

  2. Pepeイラストを作成

    これに関してはもうとりあえずPepeっぽいイラストをクリエイティビティを爆発させてください笑。特に題材とかに条件はないですが、人種差別的だったり、侮辱的なものはもちろんダメです。

    また、イラストに関して以下の条件に沿ってください

    ・400 x 560のサイズのファイル
    ・Gif使ってもOK。でもサイズは1MB以下にすること
    ・発行枚数は最低100枚以上で、発行数はLockされていること(だからRarepepeね笑)
    トークンはDivisibleのものはダメです、カードなので小数点以下割れないようにIndivisibleを選択してください。
    ・テンプレートは以下のものを使えます。(必須ではないですが、このカードのフレームを使うものが多いです)

    f:id:coinandpeace:20161017153958p:plain


  3. Pepe scientist(笑)に投稿

    イラストの作成が終わったら、Pepeコミュニティーの有能な科学者があなたのPepeカードのオリジナルさ、クオリティを審査してくれます。これに通れば晴れてあなたのカードは公式Pepeカード認定(Certified)され、RarepepewalletやBook of Orbsでも見れるようになります。ここの部分はかなり手動なのですが、Telegram上でMike(@nola1978 )に連絡してイラストを送信します。(もしここの部分でヘルプが必要であればとりあえず自分に連絡してくれれば出来る範囲で助けます)

    f:id:coinandpeace:20161017154425p:plain


    ただし、審査料はただではなく、Pepecashというカウンターパーティトークンを6800pepecashを以下のアドレスに、自分がトークンを発行したアドレスから送る必要があります。PepecashはIndieSquare WalletやBook of Orbs上のDexから買うのが一番楽だと思います。

    1N5yy2nVJhGN3JvUuyYXXNMUMujve1NM56

    f:id:coinandpeace:20161017154726p:plain



  4. 認定後の話

    無時に自分のRarepepeカードが認定されたら、SNSなどで自慢しましょう笑

    イラストのクオリティが高かったり、むしろクオリティが低くてシュールだったりするとちょうだいとねだってきたり、Dexで買ってくれる人もいるのでイラストを描くことでもしかしたらちょっとお小遣い稼ぎにもなるかもしれません笑


というわけで以上が主なやり方です。これは勝手な予感なんですが、日本人ビットコイナーが参戦して、なんかさらに色々爆発しそうな気がします笑

そして、せっかくなら日本からも是非公式認定される人を奨励するために、もし日本から投稿して審査が通った人は、Kojipepeカードをプレゼントします!Kojiepeはなんだかんだ100枚限定発行ですでに10枚以上配ってるから、かなりレアですよ笑

Pepeのポテンシャルは?

というわけで、本来はジョークだったり冷やかしだったはずのPepeというmemeがちょっとしたムーブメントを海外のコミュニティーを中心に起こし始めてます。

多分大体の人は「こんなのただの一時的なお遊び」「意味ない」と思うかもしれないですし、Dogecoinのその後を考慮しても確かにそうなる可能性の方が高いですが、同時にこれもある意味ボトムアップでユーザー参加型の「トークンエコノミー」というものの走りの例になる可能性もあると思います。

特に何の使い道もないカード(トークン)であることは間違いないですが、イラストが面白いというだけでカードを買おうという人が出てきて、実際にかなりの額でトレードされるカードが出てきたり、自分で作ったカードを売ることで結構な額を稼いでる人もいるらしいです笑


また、すでにPepeカードを使ったカードゲームを作り始めている人が出てきたりしており、まさかの定着化みたいなのもありえますね笑

youtu.be



とりあえず何が起こるかわからないのがこの業界の楽しいところかもしれません。ちょっとでも興味が出てきた人は、このRarepepeのDopeな世界をのぞいてみては?

それでは。

Donate with IndieSquare


***

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、もしくは面白かった場合は、上記の寄付ボタンをクリックして、IndieSquare Walletからビットコインで是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

CNPCOINを集めると、CNPCOINを持っている人にしか見れないトークンフォーラムで自分のぶっちゃけ話を読めたり、トークンを使ったブロックチェーンゲームのカードの購入などに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

また、寄付金額やこのブログのアクセス数の推移により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブがあるようにしています)最初は、CNPCOIN=1円から始めて、2016年8月時点でCNPCOIN=3円のレートでビットコイン寄付に対してお返ししています。