ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

若者へのビットコインのすゝめ

最近ミートアップなどで、「ビットコインに興味があります!」と非常に意識の高い学生や自分より若い人たちを見かけます。(別に馬鹿にしてるわけではないですよw)

 

実際すごいフットワーク軽く、「あんなことしたい、こんなことしたい」、「ビットコイン普及のためにこういうことをするつもりです」という感じで、若いってうらやましいな・・・と半分おっさんの世界に踏み込んでいる自分には思われたりするのですが、ちょっと先輩風を吹かせつつ、これからビットコインやブロックチェーンについて学ぼうという若者へのアドバイスをいくつか書きたいと思います。

 

 1.ひたすらにビットコインについて情報をあさるべし

 

ビットコインを広めようとするのにも、やはり必要最低限の仕組みや業界の知識は必要です。特に一般の全然ビットコインについてわからない人に満足に説明しようと思えば思うほど、深く広い知識が必要になってくると思います。

 

3か月くらい死に物狂いでインターネットに落ちてる情報全部読んだりすると、なんだか自分が色々ビットコインについてかなり詳しくなったような気もすると思います。そんな風に考えていた時期が俺にもありました・・・。

 

実際は、自分はすでに1年半くらい文字通り休日なしてビットコインやブロックチェーンについて調べたり、考えたり、書いたりしていてもまだわからないことばかりですし、1年くらいたって初めて何か色々と腑に落ちたことがあったり、色々つながりに気づいたことなどあります。まあ若い子は優秀なので、もっと早く色々吸収できるかもしれないですが、とりあえず今から海外も含めた諸先輩に追いつくには、相当な努力が必要です。

 

2.飽きない

 

自分も実はそうですが、若者には結構飽きっぽい人もいると思います。実際ミートアップにすごいやる気ある感じで来て、「ビットコイン全力でやります!」的な意識の高みのセリフを言いながら、ちょっとした後に「ちょっと思ってたのと違った」「他の業界の方がちやほやされそうだ」みたいな感じで、ぱったり見なくなったりする人もいます。

 

ビットコインがみんなに認知されて、メディアで好意的に紹介されたり、何かヒップな業界として扱われるにはもうしばらく時間がかかると思います。むしろ今は逆でマウントゴックス以降(まあその前から)怪しい目で見られたり、誤解されたりすることばかりです。啓蒙活動頑張ったり、何かイベント開催頑張ったりしても、思ったような結果にはすぐに結びつかないかもしれません。実際もてたりもしませんよ笑

 

もし、飽きそうな気がすでにしているなら、もしかしたらまだ関わるのは早いのかもしれません。実際今ビットコインに関わっている人は、もうビットコインをこじらせて抜けたくても抜けられないようなちょっと頭がおかしい人たちばかりです笑もう一日中そのことしか考えてないみたいな状況になってるなら、以上のような心配はないですけどね。 

 

3.短期でもうけようと思わない

 

今はもしかしたら、そんな人はそこまで多くないかもしれないですが、ビットコインの価格がすぐに何十倍にもなって、ものすごいもうけられるとかいう風に淡い期待を持っているならそれはあまり期待しない方が賢明だと思います。

また、Altcoinならワンチャンあるかもと言って金をつぎこむのも全くおすすめしません。

トレードを失ってもいい金額で楽しんだり、勉強したりするのはいいと思いますが、もし短期での価格変動での利益とかのみを期待してるなら、手は出さない方がいいと思いますよ。少なくとも自分はデイトレードみたいなことをしても全くもうかっていません笑

 

4.ビットコイン、ブロックチェーンで何を実現したいかを明確にする

 

目標は人それぞれだと思うのでとやかく言うつもりは全くないですが、ビットコインやブロックチェーン技術を利用して結局自分は何をしたいのか明確にするのは重要だと思います。自分もいまだに考えることもありますが。

 

ブロックチェーンと一口で言っても、最近話題になってる既存金融機関にFintechとしてのブロックチェーン技術を提供するようなことをしたいのか、国際送金、発展途上国などのペイメント、マイクロペイメントなどの方向性を開拓したいのか、それともEthereumなどのスマートコントラクト、IoTなどに興味があるのか、などなど。ブロックチェーンが影響する分野はたくさんあります。理想としては、ビットコイン/ブロックチェーン+1で他の分野に何かしら強みや興味などあると、強いと思います。 

 

5.怪しい人には気をつける

最後に、道を踏み外してせっかくの将来を棒にふらないためにも、業界周辺をうろつく、詐欺師など怪しい人たちには気を付けてください。これはマジで。

 

このブログでもつねづね言っていますが、この業界は本当に怪しい人たちが他の業界に比べてもまだまだ多いような状況になっていて、何かのイベントなどで会った人に誘われたプロジェクトが詐欺まがいのものだったとかいうのはざらにあると思います。何か怪しいな、と感じたら距離をとった方がいいかもしれません。多分その直感は間違ってないので。

 

どうやって怪しい人を判別すればいいのか?簡単なリトマステストがあります。ビットコイン系のイベントでスーツで来る人は基本疑ってかかりましょうwビットコイン界でスーツの人は詐欺師か、金融機関の人の確率が高いので、どちらにせよ疑いの目を向けておいて間違いはありません。合法に詐欺ってるか、非合法に詐欺ってるかの違いしかないので。(金融機関の人すいません、ほんのジョークです笑)

 

最後に

 

まあ何か偉そうなことを言いましたが、実際若い人が入ってきてるのはすごいいいことですし、嬉しいですね。最近何か堅い話ばっかりが中心で個人的にはあんまり面白くないので、若い人が年寄りには出来ない発想で色んなことをめちゃくちゃにやってくれればそれでいいんだと思います。まあとりあえずは軽い気持ちで間違ってもいいんで、バイトとかインターン感覚で色々挑戦してくれればいいんじゃないでしょうか。


f:id:coinandpeace:20151205151732j:plain

 

え、「バイトじゃねえ 俺はビットコインに就職」?

Yo、じゃあbitFlyerとかCoincheckでたしか人募集してたから、とりあえずその辺に連絡しちまえよ


(・・・ちなみに元ネタはこちら

 

・・・それでは。

 

【お知らせ】

こんな記事の後にするのもあれですが、自分はCNPCOINかビットコインで個別コンサル的なこともしています。

90分間のSkypeか直接会ってのコンサルの費用を、2000CNPCOINもしくは0.15btcにかなり大幅に引き下げてみたので、もし興味がある方は個別にcoinandpeaceあっとgmail.comまでご連絡ください。

 

Donate with IndieSquare

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、面白かった場合は、IndieSquare WalletなどのCounterparty対応のWalletから上記の寄付ボタンをクリックして是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

 

CNPCOINを集めると、一部の人に限定公開している自分のメルマガや英語のカスタマーサポート連絡補助+αなどに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

 

また、寄付金額により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブが)最新のレートについてはこちらのスプレッドシートで確認できます。