ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

DMM.comのビットコイン決済受付についてcoincheckに直接話を聞いてきた

国内のビットコイン業界の人なら誰しもすでに聞いているはずの、DMM.comのビットコイン決済受付のニュース。数日前からこのニュースに反応して、ビットコイナー達もSNSなどでも盛り上がっていましたね。

 

自分もすでにDMM.comでビットコイン支払い&コンテンツ購入試し済みです!ビットコインでDMMのポイントを買いながら、しみじみ時代も変わったなと思いつつ、かつやはりビットコインでスムーズに支払える手軽さ、スピードに改めてちょっとした感動を覚えました。(ちなみにビットコインで購入したポイントで何を買ったかは聞かないでください

 

f:id:coinandpeace:20160302164200p:plain

 

日本のビットコイナーなら見たことある人も多い、coincheckの支払いスクリーン

f:id:coinandpeace:20160302164232p:plain

 

やっぱりオンライン決済でのビットコインの支払いは、クレジットカードひっくり返しながらいちいち番号や名前入力したりする必要もないし、後で追加で課金されたりする恐怖もないし、決済は一瞬で終わる、本当に便利。

 

と思いつつも、ビットコインで支払う意味って本当にあるの?これって海外からも使えるの?そもそもどういう経緯でDMM.comが採用することになったの?開発は大変だったの?もうすでに利用者はたくさんいるの?などなど色んな疑問も出てきました。

というわけで、国内のビットコイナーを代表して今回自分がcoincheckさんのオフィスに行って、COOの大塚さんに直接今回の件について色々聞いてみました!(大塚さんお時間いただきありがとうございました)


f:id:coinandpeace:20160302164946j:image


 

※以下会話スタイルで、内容をパラフレーズして書き換えています。


K=Koji

f:id:coinandpeace:20160302131351p:plain


O=大塚さん

f:id:coinandpeace:20160302131214p:plain

 

 

 

K.
とりあえずDMMビットコイン受付おめでとうございます。売上とか問い合わせとかは増えましたか?

 

O.
ありがとうございます!そうですね、今回の件で問い合わせなども増えました。実際に支払いが発生するとチームに通知がいくようになっているのですが、頻繁にピコピコなってます。

 

K.
DMM.comは1年くらい前からビットコイン支払い導入を考えていた、みたいな発言もどこかで読みましたが、いつからどういう経緯でDMMのビットコイン支払い受付までこぎつけたんですか?

 

O.
1年半ほどくらい前のかなり早い段階でDMM側から問い合わせがありました。当時はまだビットコインに対してネガティブな見方も強い時期でしたが、かなり本気度が高く積極的でした。

 

K.
むこうからそんなに積極的だったんですね。しかもかなり早い段階から。

 

O.
そうですね。

 

K.
それから導入が結局1年以上後になってしまったのは、法律の解釈の問題とか、イメージの問題だったんでしょうか?

 

O.
いえ、それはほぼ無関係で、どちらかといえば開発スケジュール、リソースなどの関係で結局このタイミングになっただけです。先日日本国内でのビットコインの貨幣認定報道もありましたが、今回の決定とは関係はほぼありません。

 

K.
かなり大きなサイトへのペイメントソリューション導入ということで、開発は大変でしたか?

 

O.
実際、coincheck側としてはそこまで大変ではなかったですし、DMM側もビットコインやブロックチェーンの知識などがほとんどなくても問題なく実装できるレベルです。ただし、B向けということで、QRコード生成10分以上後に支払いをしてしまったお客様への返金、カスタマーサポートとの連携などでのフォローや対策はきちんと考えました。

K.
実際DMMに入っているペイメントボタンも、普段自分も店舗とかで使っているものとほとんど変わらないですし、やっぱりさっと気軽にほぼノーリスクで導入できるから、やっぱりオンラインペイメントとビットコインは相性いいなーと改めて思いました。


K.
ところで、自分も実際にビットコインでDMMポイントを買って、ちょっとコンテンツを買ったりしてみたんですが、これって海外の人でも同様にコンテンツ購入とか出来るんですか?

O.
できます。特にDMM側から制限をかけていることはないと思いますので、海外からでも問題なくビットコインでDMMポイントの購入は出来ると思います。


K.
それってめちゃくちゃ便利ですよね?ビットコインはオンラインでのペイメント、特に海外のサイトでの支払いの時に自分も最もありがたみを感じるので、海外からでも簡単に日本のコンテンツ購入できるようになったら、これってものすごい話では?

O.
はい、そう思います。海外のクレジットカードからの支払いは特に、不正使用、チャージバックなどのリスクが大きくて、クレジットカード支払いを拒否したり、嫌がるECサイトもあります。その点ビットコインは為替手数料を気にする必要もチャージバックの心配も少ないため、海外からの支払い手段としては最適と言えるかもしれません。

K.
いやー、何かすごいですね。もちろんビットコインは海外サイトの支払いなどに適していることはわかってはいましたが、実際日本でもこのようなケースが出てくるのはちょっとワクワクしてきました。これは海外でも積極的にプロモーションして、実際に実需が見込めそうな領域ですが?

 

O.はい、そう考えていて、すでに海外のメディアに紹介してもらっているところもありますし、今後も色々な海外のメディアなどと連携して、ビットコインを使うことで日本のコンテンツを海外から簡単に購入出来るということを発信していく予定です。今回の発表後、一般メディアからの問い合わせも急増し、いよいよビットコインに関する関心、需要が高まってきているのも自分たちも感じてます。

K、なるほど、是非どんどんやってもらいたいです。これはビットコインを使う意味があって、実際の需要も見込めるかなりスマートな連携ですね。

(・・・この後も色々話したんですがそれはまた後日の話)

 

自分の所感

 

今回DMMとビットコイン導入に関して当事者の人から話を聞いたわけですが、これはまれにみる素晴らしい使用例というかユースケースだと思いました。

特に、今まで海外のクレジットカードでの支払いがはじかれてしまって、なかなかコンテンツを海外に輸出しづらい、という類のジレンマや課題を持っている事業者も多いでしょう。

今回のDMMのビットコインペイメント導入で、海外からのコンテンツ購入者が急増したとかそういう結果がでれば、これは世界的に見ても初めてかもしれないレベルの「ビットコインって実際役に立つじゃん!」という実例になるかもしれません。ちょっと大げさだけど。

 

そして今回二人の良識的な?大人として、インタビュー中はあえてあまり突っ込みませんでしたが、DMMはクレジットカード明細とかに残したくない類のものも売ってるわけで、そこに匿名性が高いビットコイン送金の特性を利用することで、色んな心配や家庭のリスクを分散(笑)させることが出来るというボーナスもあります。

 

国際送金と匿名性。ビットコインのこの2つの利点が本当に上手くピタッとはまってるな、と。というかもっと前から自分はこういうのはもって出てくるべき、やるべきだと思ってはいましたが、それを今回DMMレベルのサイズの企業が先頭に立ってやったことにも大きな意義があるでしょうし、今後同様のコンテンツプロバイダーがビットコインペイメント導入に参戦する大きな転換点になるんじゃないでしょうか。

 

別にcoincheckの宣伝とかする気はないですが、それでもこれはGood jobと言わざるを得ないです。何か自分で書いててもただのステマ記事な気がしてくるくらいの激押し記事になってしまいました笑

 

読者の皆さんも、DMMで何かもう買ってみましたか?

 

それでは。

 

Donate with IndieSquare

 

***

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、もしくは面白かった場合は、上記の寄付ボタンをクリックして、IndieSquare Walletからビットコインで是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

 

CNPCOINを集めると、一部の人に限定公開している自分のメルマガや英語のカスタマーサポート連絡補助+αなどに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

 

また、寄付金額により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブが)最新のレートについてはこちらのスプレッドシートで確認できます。