読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

iOS, AndroidおすすめのWalletは?

Wallet 初心者

どこにビットコインを保管すれば一番安全なのかはビットコインを持っている人にとっては大きな関心事だと思います。

 

私個人としても気になっていたので、先日某技術者の人に最もおすすめなWalletについて聞いてみました。答えはちょっと意外なものでした。

 

Bread Walletは実は安全?(iOS)

iPhoneでダウンロード可能なBread Walletはシンプルで初心者にも使いやすく、以前から私も推していました。実はこのWallet、セキュリティーもかなり優秀なようです。私が個人的に知っている海外のBitcoinerもBread Walletを愛用している人は多いです。

 

f:id:coinandpeace:20150114113759j:plain

 

大切なのはWallet作成時に12個の英単語を忘れずに記録し、誰にもアクセスできないように保管することです。これさえきちんと出来れば、スマホを失くしたり、壊したりしても後で復元することができます。この英単語列が自分のビットコインの正体のようなもので、これを誰かに預けたり見せた時点でWallet内に入っているビットコインはいつ盗られてもおかしくない状態になってしまいます。そしてビットコインの特性上一度盗られたビットコインは戻ってはきません。

 

もう一点注意しなくていけないのは、4ケタのPINさえあれば、後で自分のBackup Phrase(12個の単語)を確認することもできます。逆に言うとPINが予測が簡単なものであれば、iPhoneを盗られたりいじられたりした時に、簡単にBackup Phraseがばれてしまう可能性があるということです。

 

PINをある程度予測が難しいものにするのはもちろんですが、もしiPhoneを失くしたりした場合はすぐに記録していたBackup Phraseから自分のビットコインを復元し、他のWalletに移すことが重要です。 

breadwallet - bitcoin wallet

 

Myceliumはセキュリティーへの心遣いが中々すごい(Android)

 

f:id:coinandpeace:20150114114332p:plain

 

Bread WalletはiOSのみですが、Androidの人にはMyceliumがおすすめです。iOS版も存在し、日本語にも対応しています。

 

f:id:coinandpeace:20150114111651p:plain

設定画面はこんな感じです。言語設定以外にもマイナーへの手数料を調整できたり、かなり高機能です。

また、Myceliumのセキュリティーへのこだわりは中々すごいです。一例をあげると、

 

f:id:coinandpeace:20150114111654p:plain

まずPINが4桁ではなく6桁。また、盗難時などを想定し、PINを変えてから2日以上たたないと、12個の単語(マスターキー)を確認できないという仕組みがあったりします。

 

他にも使っていると、ところどころにセキュリティー対策と思われる心遣いが半端ないです。

 

なお、Bread Walletでは、アプリを開いている最中にスクリーンショットをとると下記のような警告がでます。これはスクリーンショットなどの写真の形式で保存をすると、流出したりハッキングされた時のリスクが格段に上がるからです。特に初心者の人はやたらにスクリーンショットとりたがりますが、基本NGです。Bread Walletの方が賢い笑

 

f:id:coinandpeace:20150114111704p:plain

 

基本的にはBread Wallet同様12個の単語を大切に保管し、絶対に失くさないということが基本になります。MyceliumはBread Walletに比べて機能が色々あるのですが、ただし若干使いづらいという印象もあります。


Home :: Mycelium

 

まとめ

案外、どのお財布アプリがいいと思う?と聞かれることが多いので今回の記事を書きました。次回以降の記事で、具体的な秘密鍵のバックアップの方法、復元の方法、その他の機能の紹介などしようと思います。

今後ともCounterpartyのコインを買ったり保存したりすることもあると思いますが、基本的には最初に表示される12個の単語を大切に保管することができれば、ハックされるリスクは低いですし、いくらでも復元することができます。ただし、それを保存せずにスマホをなくしてしまった場合・・・、泣きをみるのは自分なのでご注意を。

 

それでは。