読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

Bitcacheビットコイン暴騰宣言したKim Dotcomって誰!?笑

先日以下の発言で、日本のビットコイン業界でも静かーなインパクトを残したKim Dotcom。

 

 

Mega UploadのBitcacheが公開されたら、誰も他のクラウドを使わなくなるだろう。Bitcacheのウォレット数は1億を超える。2017年にはビットコイン価格は2000ドルを超えるだろう。

 

 

でも、多分日本人で他にも思っている人はいると思いますが、「誰、こいつ?笑」

 

結構インターネット好きの人には彼は有名なんですかね?自分も彼についてほとんど知らなかったので、ちょっと調べてみたのですが、良くも悪くもすごいハチャメチャな経歴を持つすごい奴だということがわかったので、とりあえず彼に関するちょっとした事実を箇条書きにしていきます。

 

 

  • 10代の時からハッカーとして活躍して、ペンタゴンとかNASAのシステムにハックしたこともある
  • 18か9の時にインサイダー取引の容疑で有罪判決を受ける
  • そして、ドイツに住んでたけど、ドイツがいやになって香港に移住
  • そのころあたり(2003年くらい)からMega Uploadというクラウドサービスを開始(クラウドの走り?)
  • 基本的にはユーザーがファイルのサイズに関わらず自由にファイルをMega Upload上にバックアップして、リンクを受け取った相手がダウンロードできるサービス
  • Mega Uploadの有料課金サービスや広告などでものすごいもうかり、ニュージーランドに移住。オークランドのはずれにものすごい豪邸を建てる。
  • 最高時、Mega Uploadは世界で13番目にアクセスの多いウェブサイトで、全インターネットの通信量の4%を占めていた。
  • ただし、Mega Uploadは当然映画やその他コンテンツの違法ダウンロードなどに使われまくる
  • ハリウッドに目をつけられ、コピーライト侵害、マネーロンダリングの容疑などで2012年1月にニュージーランドの「Dotcom豪邸」にFBIの強制捜査(というか逮捕)が入る(以下がその時の様子で無駄に超厳戒体制のチームが突入)

www.youtube.com

 

  • Mega Uploadは閉鎖されデータは持ち去られ、そして車など所有物も差し押さえられ、銀行講座も凍結される(ビットコイナーならこういう話よく聞いたことあるはず)
  • 結局Mega Uploadの件は法廷に持ち込まれ、今も係争中。Dotcomはユーザーの行動まで責任は持てないし、Mega Uploadは必要な措置はとっていた無罪を主張。
  • 「喧嘩を売る相手を間違えたな。俺は正面から戦ってお前らを打ち負かす」と中々かっこいいことを言ってアメリカ政府に喧嘩を売っている。
  • 現在ニュージーランドから国外には行けないが、今も完全に暗号化されたクラウドサービス「Mega」(暗号化されているからコピーライト侵害とか言われない)そして先日公開された暗号化されたクラウドとビットコインを組み合わせたBitcacheを現在開発中。

 

 

という感じの人です。かなり省略省略してるのですが、それでもすでに色々やばそうですよね笑ただし、これは彼の事業に関することが中心で、彼の私生活はもっとめちゃめちゃなので、以下に見つけた小ネタをいくつか書くと

 

 

  • とりあえず体型はデブ、というか横にも縦にもでかい。生きたピーナッツみたいになってる。移動は基本ゴルフカート。

f:id:coinandpeace:20160816192710p:plain

 

  • 派手なライフスタイルを好み、高い車を買いあさったり、プライベートジェットの写真を投稿したり、派手なイベントを主催したりなどが大好きなパーティデブ。(ほめてます笑)

    f:id:coinandpeace:20160816192812p:plain

  • 現在別居中の奥さんの名前はMONA笑

     

f:id:coinandpeace:20160816193100p:plain

 

  • Megaの他にも本当かどうか知らないけど、2段階認証を発明したのは彼で特許も持っているらしい。その他にも色々最先端のサービスを今まで出してきた経歴はある。
  • FBIの操作が入った時点で、Call of Dutyの世界ランキング1位だったという神ゲーマーという一面も持っている。
  • ニュージーランドで時速50キロ制限の道路で150キロ出して車で爆走して、免停くらうなどとりあえず色々問題行動が多い笑
  • 他には楽曲製作者という一面もありいくつか彼が作った曲をYoutubeなどでも聞ける。そしてそこまで出来も悪くない笑

    www.youtube.com



  • 今は新しいサービスを作りつつ、インターネット上のプライバシーを守る活動などを中心にしているようで、アメリカとの法廷対決、政治活動なども行っている。

 

f:id:coinandpeace:20160816193828p:plain

 

というわけでこんな感じの人です。すごい人だと自分なんか単純に感心しちゃってるんですけどね~。ものすごい切れ者にも関わらず、常に問題ばっかり起こして、しかも基本属性は「アホ」なのがいいですね笑

 

というわけで多分必要以上にKim Dotcomとはどういう人かはわかったと思いますが、最後に来年1月に公開されるらしいBitcacheがどんなものか予想してみましょう。情報はほとんど出てないのでただの妄想ですが。

 

insidebitcoins.com

 

 

こちらの記事にそこそこ詳しい考察があったのですが、Bitcacheは暗号化クラウドにビットコインマイクロペイメントを組み合わせた何かしらのサービスで、しかもDotcomが言うにはビットコインのスケールの問題を解決するものらしいです。

 

正直彼のサービス単体がビットコインのスケールを解決するとは到底思えないですが、ただし、ファイルシェアや決済に使える実用的なビットコインマイクロペイメントに関する何かしら技術的ブレイクスルーを示唆しているのかもしれないですし、彼の過去の経歴から考えても何かしらのサプライズがある可能性はあります。

技術面がどうなるかはわからないですが、予想だとクラウドとビットコインマイクロペイメントを組み合わせるということで、おそらくファイルダウンロードは少額のビットコインで支払いがされ、逆に指定したファイルのアップロード者に自動で少額のビットコインが支払われたりの仕組みと、そこのファイルの需給のマッチングの分散化などの話なのではないか、とか妄想してます。この仕組みをおそらくかなりシームレスできれば、暗号化されたデータやコンテンツのビットコインマイクロペイメントでの購入というビジョンが現実化するのかもしれないです。ある意味21.coが目指しているのに近いですね。

というわけで、Bitcacheについてはまだまだ不明点が多いですが、来年に向けビットコイナーはちょっとは期待しておいてもいいんじゃないでしょうか。とりあえずDotcomはめちゃくちゃすぎて自分はリスペクトしてます笑

 

それでは。

 

Donate with IndieSquare

 

 

***

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、もしくは面白かった場合は、上記の寄付ボタンをクリックして、IndieSquare Walletからビットコインで是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

 

CNPCOINを集めると、CNPCOINを持っている人にしか見れないトークンフォーラムで自分のぶっちゃけ話を読めたり、トークンを使ったブロックチェーンゲームのカードの購入などに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

 

また、寄付金額やこのブログのアクセス数の推移により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブがあるようにしています)最初は、CNPCOIN=1円から始めて、2016年8月時点でCNPCOIN=3円のレートでビットコイン寄付に対してお返ししています。