読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

ビットコインメディアリテラシー&自分のプロジェクトに関して(ビットコイナー反省会Ep11)

f:id:coinandpeace:20161128205547j:plain

 

というわけで昨日毎月恒例のビットコイナー反省会Ep11を放送しました。

 

www.youtube.com

 

今回はゲストなしということでさくっと終わるかと思ったんですが、ふたを開けてみれば2時間弱の過去最長のエピソードになってしまいました笑

 

重要なトピックをあげるとすれば、SegWitの移行状況とCoreとUnlimitedの話、そして今月のマイクハーンも結構盛り上がりました笑

 

また、今回はゲストがいなかったので、ザキヤマさんとビットコインメディアの質の話や、どうやったらこの業界内でリテラシーをあげられるか、おすすめの情報収集方法などについても話しています。ご存知の通り、あからさまにスキャムっぽいプロジェクトから冷静に分析するとちょっと怪しそうなプロジェクトのようなものがまだまだ業界内に多いですが、質の低い記事や広告記事のようなものをいかに判別し、正しい判断をできるかはもし暗号通貨への投資のようなことを考えている人たちにとってはかなり重要でしょう。

また、これは仕事をする上でもかなり重要で、なんかパートナーシップなどを考えるときなどに、「このプロジェクト本当に大丈夫なのか?」「なんか盛ってるんじゃないか?」とかの判断で失敗すると痛い目にあったりすることもあると思います。なのである意味この業界内で最も重要なスキルの一つと言えるかもしれません。詳細は是非実際のポッドキャストを聞いてくれれば参考になることもあるかと。

 

また、それ以外に今回は自分あてに、今自分が取り組んでいるトークンのゲーム分野へ応用する「Project ORB」についての質問やカウンターパーティプロトコルの開発状況についての質問などもありました。


ゲームアイテムのパブリックチェーン上でのトークン化のポテンシャルについては以前以下の記事に結構頑張ってまとめたので、まだの人は是非そちらを読んでいただきたいですが、

btcnews.jp

 

平たく言えば、この領域はすでに需要が見込める領域かつ、ブロックチェーンを利用するメリットを大きく出せるユースケースになると自分は考えています。この記事で書いたことが、Project ORBとして段々形になってきていますし、これからもっといろんなゲームなどが参加することで、さらに盛り上がるんじゃないかな、と思います。

 

また、以前記事にしたPepeなどもありますが、トークンとコンテンツなどを結び付けることで思いがけない効果や展開が出てくるようなケースも今後まだまだ出てくると思いますし、その点ではもうかれこれ2年以上色々やってきてますが、アッというようなものが出てくるのは多分これからだと思います。(トークンの分野はすでに日本でもかなり盛り上がってますしね)

というわけで最後に一応宣伝もしておきます(普段あまりこのブログでは自分のプロジェクトの話は意図的にあまりしてないのですが)、今日の夜11時から(もうすぐ!)Project ORB上のタイトルの一つ、Force of WillというゲームのトークンWILLCOINの販売が今日始まります。このコインを使うことでブロックチェーン上で直接ガチャを引いて、トークン化されたカード(ORB)を受け取れるような仕組みになっているのですが、そちらも是非チェックしてみてください。(詳しくは以下に)

 

medium.com

 



というわけでビットコイナー反省会もほぼ丸一年で次回は年末特番というか、今年1年を振り返るビットコイナー必聴の年忘れ会になると思うので、自分でも今からそちら楽しみですね。いやー、今年ももはやビットコイン/ブロックチェーン以外のことで何かやった記憶がないですよwやばいやつです笑

 

それでは。

 

Donate with IndieSquare

 

***
このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、もしくは面白かった場合は、上記の寄付ボタンをクリックして、IndieSquare Walletからビットコインで是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

CNPCOINを集めると、CNPCOINを持っている人にしか見れないトークンフォーラムで自分のぶっちゃけ話を読めたり、トークンを使ったブロックチェーンゲームのカードの購入などに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

また、寄付金額やこのブログのアクセス数の推移により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブがあるようにしています)最初は、CNPCOIN=1円から始めて、2016年8月時点でCNPCOIN=3円のレートでビットコイン寄付に対してお返ししています。