ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

トークンエコノミーの誤解とハイプの始まり

いやー、最近トークンエコノミー来てますね。

ただし、問題がいくつかあってトークンエコノミーとは何のことか誰もはっきりわからないこととかでしょうか笑ある意味でブロックチェーン、ブロックチェーン言ってるけど、ブロックチェーンが何のことかよくわかってないような状態みたいになってきている感じがあります。

 

同名の記事を昨日ビットコイン&ブロックチェーン研究所のオンラインサロンの方で詳しく書いたのですが、「トークンエコノミー」についてはすでに誤解のようなハイプのようなものが始まりつつあると思っていて、若干の懸念のようなものを個人的に持っているので、ブログの方でも内容を一部紹介します。

 

 

トークンエコノミーの定義とは?

 

まず「トークンエコノミー」ってそもそも何なんだよという話からですよね笑

それぞれがそれぞれの認識でトークンエコノミー、トークンエコノミー言い始めましたが、何を持ってトークンエコノミーと言ってるのでしょうか。

また、トークンと言ってもパブリックチェーン上で作るトークン、プライベートチェーン上のトークン、IOU的なものまで色々ありますが、自分がトークンエコノミーとして呼ぶにふさわしいのはやはりパブリックチェーン上でのトークンの応用だと考えています。プライベートチェーン上で発行したトークンからも何かしらの効率性が得られる可能性はありますが、それは「トークンエコノミー」と名付けるようなものではないと思います。ほかにもトークンを使っていたとしても運用の方法が悪いとそもそもトークンを使う理由や効果を消してしまっていたり、既存のものと実は結局何も変わってなかったようなパターンも今後増えてくると思います。(その理由、パターンなどはサロン記事の方に詳しく書いています)

 

 

トークンの弱点と企業にトークンは使えない理由

日本ではカウンターパーティトークンを使って自分のコインを作ってみたり実験してみたりしてる人が多く、世界的にみても個人発のトークンの分野では進んでると思うのですが、使ったことがある人にはわかると思いますが、コストやスピードなどではまだまだ課題も多く、結構辛い時もありますよね笑

ほかにもトークンはオープンで誰でも使えるのが強みでもある反面、柔軟なアカウントコントロールなどにはあまり向いてなかったり、企業にとっては不都合な面も多いです。そうすると結局プライベートチェーンやサーバー上での管理などに流れると思うのですが、そうすると前述した通り結局新規性が結局ないことをしていたり、そもそもトークンを使う必要性がなかったり、になってしまうと思います。

 

 

トークンエコノミーの神髄とは?

 

最終的にじゃあトークンエコノミーの神髄とは何かと言われると、やはりパブリックチェーンを利用したオープンでパーミッションレスな性質、互換性、透明性などに行きつくと自分は思います。そして自社システムを作ったりするリソースのある大きな企業などではなく、個人や小規模ビジネスなどそちらからの応用で今までなかった市場が形成されること、そういうものが「トークンエコノミー」なんだと思います。別にプライベートチェーンやハイブリットなどを使うのは全然いいと思いますし、ハイブリットモデルから何か新しいものが出てくる可能性もあるとも思いますが、トークンエコノミーと言っているもの(これから言われるもの)の大部分は冷静に考えればただのコスト削減、効率化、今まででもできたことをトークンという一種のマーケティングバズ を利用した焼き直しをしているだけだったりもします。

 

というわけで、結構サロンの記事の要点を公開してしまってるのですが(笑)、詳しくは記事にまとめているので良ければ是非オンラインサロンの参加も検討してみてください。


最近だとBitgirlsとかで「トークンエコノミー」という言葉がさらに使われるようになってきていますが、そもそもトークンを使う理由はあるのか、限界はどこにあるのか、など含め、一時期のブロックチェーンハイプのような迷走がないことを軽く祈ってます。でもまあきっとまた歴史は繰り返すんでしょうね~笑

 

それでは。

 

Donate with IndieSquare

 

***

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、もしくは面白かった場合は、上記の寄付ボタンをクリックして、IndieSquare Walletからビットコインで是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

 

CNPCOINを集めると、CNPCOINを持っている人にしか見れないトークンフォーラムで自分のぶっちゃけ話を読めたり、トークンを使ったブロックチェーンゲームのカードの購入などに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

 

また、寄付金額やこのブログのアクセス数の推移により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブがあるようにしています)最初は、CNPCOIN=1円から始めて、2016年8月時点でCNPCOIN=3円のレートでビットコイン寄付に対してお返ししています。