ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

「タイムバンク」をやってみることにしました

ちょっとひょんなことから?メタップス社が少し前から始めた、時間売買プラットフォーム「タイムバンク」にいわゆる専門家として参加することになりました!自分が売りに出す時間の購入は11月22日(今日)から始まり、すでに購入したい人がいれば秒単位で「時間」を買えます。

なんでタイムバンクやろうと思ったのか

正直言うと実は別に元々やる気があったわけでもないんですが、数か月前はVALUがめちゃくちゃ盛り上がって、その少し後にこのタイムバンクが出てきたり最近この「自分の時間や信用の販売&トレード」的なコンセプトが流行っているなーと遠目で見てました。VALUに関しては一応入出金がビットコインだったり一部暗号通貨が関連する部分があるのですが、タイムバンクはコンセプトは近いですがビットコインとかは全く今のところ関係ありません。

 

ただし、ご存知自分も一緒に仕事している大石さんもタイムバンクで専門家としてリストされていたので、実験がてら自分も確か1か月くらい前に試しに申請してみました。とはいえ、タイムバンクの場合特に初期はすでに知名度のある人を優先してリストしていたので、自分の知名度なんてせいぜい界隈で言えばエコビットレベルなので審査通らないだろう、と特に何も期待せず、申請も「フルタイムビットコイナーです」的な適当なことをめちゃくちゃ短く書いて提出しました。(もはや半分運営への冷やかし行為に近いw)

 

それでほぼ申請したのも忘れてたのですが、後日タイムバンクの運営の方から連絡が来て、「申請を承認させていただきました」と通知され、「は、はぁ…」となってしまったのですが、話を少しして、まあせっかくなのでやってみます、ということで今日にいたります。

 

ちなみに、「別に自分はそこまで業界の外で知名度も高いとは思わないですし、なんで申請通してしまったんでしょうか?」、と聞いたら、何か運営の方で暗号通貨に関して積極的に勉強している方がいたようで、「ビットコイナー反省会も見させてもらっています!」、という出来レース?だったことが判明笑

そうなんですよ、反省会はなんか色んな人が実は見ていたりするからちょっと面白いんですよねw

 

自分の時間で何が出来るようにするのか? 

 f:id:coinandpeace:20171122134637p:image

 

というわけでせっかくなのでタイムバンクやってみることにしたのですが、普通にやっても面白くないなー…、と。

他の「専門家」がやっていることを見ると、(いくつかの例外はありますが)今のところ「オンライン会議でのコンサル」みたいなのばかりで、正直時間を切り売りして相談料として使っても、使用する人もそこまでいないような気もしますし、案外需要があったとしても正直あまり面白くはないです。それなら別に自分で1時間3万円、とか設定して個別に支払い請求したりすればいいだけの気もしますしね。

 

なのでやるならよりオープンな使い方でもう少し面白い/盛り上がりそうな方法ないかなーと考えて、結局「ビットコイナー反省会への出演」という形でとりあえず自分の時間を提供することにしました。

 

購入した時間を消費することで、ビットコイナー反省会のチャンネル上の動画に出演し、自分のプロジェクトや会社を紹介できる、もしくは適当に公開で質問などを出来るようにします。例えば、ICOをやるプロジェクトでもっと自分たちのプロジェクトを知ってもらいたい、でもいいですし、会社やプロジェクトの求人活動に使ってもいいですし、そこは極力フリーでやってみようと思います。

 

ただし、出演する=一緒に宣伝する、ということではなく、例えばICOプロジェクトが来たとしたら、本当に意味のあるプロジェクトなのか、どんな人たちが関係しているのか、どこかに落とし穴がないのか、などリスナーと一緒に多分結構細かく質問します。その結果次第では、むしろ出演しない方がよかった、みたいになるかもしれませんが、まあまともなプロジェクトならそんなエグいことはしないので安心してください笑

 

最終的には視聴者がそれを見て判断してくれればいいと思います。

 

というわけでやってみながら需要がなさそう、もしくはもっと面白い使い方を思いついたら提供内容を変更していく可能性はありますが、とりあえず出来るだけ時間を消費してもらうことを念頭に設計、時間も販売しようと思ってます。

最初の価格設定はおよそ1時間3万円で、反省会への出演料(とある程度の露出効果)を考えるとある程度妥当なラインかな、と思いますし、出来るだけ変に価格が釣り上げられたりしないようにある程度考慮してます。

 

また、一応「番組への出演時間」を提供することで、ビットコイナー反省会の視聴者が今後増えていくと仮定すれば、最初に時間を買ってくれた人たちにもある程度のベネフィットを提供できるかもしれません。そもそもタイムバンクみたいなサービスのコンセプトって、「まだそこまで有名でもない人やサービスを支援して、一緒に成長していく」というのが本来のコンセプトだと思うので、すでに有名な人がやるより、自分位(エコビーレベル)の知名度の人がやる方が多分面白いんですよね。

タイムバンクに関して気を付けるべきこと

これはタイムバンクで時間を売っている側が言うことではないかもしれませんが、「時間の購入者」は立場的にはかなり弱い存在になります。時間を消費したり、もしくは後で誰かに売ろうと思っている人もいるかもしれませんが、これはあくまで寄付行為の延長で、買った人に何かしら絶対に特定の権利が付与されるわけではありません。ある日突然もうやめます、と自分が言ったらそれまで買った分の時間は文字通り無価値になってしまう可能性があります。(今後タイムバンク全体でそういうケースは間違いなく出てくるでしょう)

そういう購入者へのリスクも考えて、自分は基本的に「現実的に消費できる範囲」でしか時間を売らないことにしますが、購入する側も本当にこんなもの買う価値があるのか、いつか大人の事情で無価値になるかも、などはちゃんと考えといた方がよいかと。ずーっと言ってますが、ICOとかも同じですね、基本。

 

タイムバンクでの時間の購入方法など

正直自分も別にそこまで詳しくないのですが、こちらの記事などを参考にしてください。基本的には銀行入金でタイムバンクにお金を送り、それを使ってiOSアプリから時間の売買が出来ます。なお、現在タイムバンクはiOSアプリしかなくて、アンドロイドユーザーが参加できない状態で、Android派の自分としてもこれはかなり悲しいので早くAndroid版がリリースされることを祈りましょう…。


最後に

 

というわけで、あえてそこまで深く考えずにとりあえずやってみます。やってみていまいち面白くない、不必要に時間がとられる、となると段々フェードアウトしていく可能性もありますが、時価総額1番を目指そうとかではなく、とりあえずタイムバンク上で一番時間消費されている人、位を緩く目指します。

あ、そしてこの実験がある程度上手くいったら、CNPCOINとかHANSEIトークンでも同様の企画は出来るかな、と考えており、しばらく何もできてなかったのですが自分が発行していたトークンでも少しづつ出来ることをまた提供したいと思っています。

正直タイムバンクが始まる前から似たようなことは実験したり考えてたりしたし、本当はトークンとかを使うことでもっと面白いサービス作れるのになーと思うところもありますが、まあそれはまた別の話…w