読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

ボツになったビットコインビジネスアイディアたち

ここしばらくは暗号トークンを利用したビットコイン2.0系プロジェクトをどっぷりやっていますが、特に仕事をやめて自分で何をやろうかと考えていた時は有象無象の色んなビジネスアイディアを考えていました。今日はその中で自分でもうやる可能性がほぼない、色んな理由でボツになったアイディアをいくつか紹介します。ビジネスアイディアというか単純な思い付きの方が多いですが・・・。(しかもEvernoteとかに思い付きを記録していますが、自分で何をしたかったのかわからないものも結構ありました笑)

 

1.ビットコイン宝くじ

面倒なのでデータとかは引っ張ってはこないですが、日本の宝くじは還元率が低いし、売上の大部分はよくわからない省庁とか地方自治体の団体に流れていくとかなんとか。しかも紙の宝くじを全国に送って、街のあの小さなキオスクで売るのも非常に非効率な気がするし、賞金の換金の時もみずほ銀行が入ってきてよくわからない手数料をちょっとずつとられる・・・。(宝くじって国が公式に運営している賭博みたいなものですが)

 

非効率で、透明性低く、仲介業者がめちゃくちゃ多いこの仕組みを、ビットコインを使うことで効率的に、使用用途なども透明に、もっと公平に出来るんじゃないかとか考えました。

 

結論から言うと、ビットコインでやったらそれはより効率的になると思いますが、そもそも自分がこれ主催したら賭博罪かなんかで捕まりそうですし、国がそんなことをするはずも考えられません笑今使用用途がうやむやになっているところが透明になり、べったりの仲介業者を中抜きするはずもないですからね。

 

というわけでボツです。

 

まあ、Torなどを通したビットコインギャンプルサイトというのはたくさんあるようなので、こういうのはすでに存在してるんですけどね。

 

2.ビットコインおつり払い

自分はずぼらな性格なので、財布の中にレシートとかもらったクーポンとかがどんどん貯まっていき、財布がすぐにパンパンになってしまうのですが、特に小銭がどんどん増えていく現象に困ってます。特に1円がどんどん貯まっていっても中々使用する機会はないですし、コンビニでも最近はiDを使って払っているのですが、お釣りの小銭がたまっていかないのは結構自分の中ではありがたいです。

で、考えたのが、100円以下のお釣りをもらう代わりにビットコインでその分はお釣りを返してくれるサービスがあればいいなーと思いました。

仮にそういうサービスを提供しているお店が多ければ、じゃらじゃらおつりが増えていかないですし、ビットコインの入手も気軽になります。価格変動もあるビットコインですが、そもそもお釣りの分っていうのは自分の中では本当におまけみたいな感覚でしかないので、価格が下がったとしてもお釣りだからって思えば心理的抵抗も少ないかな、と。小銭が減って、気づいたらちょっとずつビットコインが貯まってそれでビールかなんかでも買えるって感じです。

 

このサービス実は今もちょっと欲しいんですが、これはビジネスアイディアというより、ちらかというとマーケティング活動の一環って感じですかね。Coincheckとかがそれこそやればいいタイプのものです。弱点は、数店舗がこれをやったとしても、普段自分が使うお店がやってくれないと、結局おつりはたまっていってしまうってことですね・・・w現実的に考えると結構難しいので、ボツりました。

 

3.ビットコイン投票ブラック企業判定サイト

 

もう1つ考えたのが、ビットコイン支払いでの投票つきの口コミサイトです。これはアイディア自体はもうそんなに新しくないかもしれないですが、将来的にこういうサービスは出てくるんじゃないかと実はまだ考えています。

 

例えば、今も口コミサイトとかレビュー投稿欄ってたくさんありますが、Amazonとか食べログとか含め、自分はもう半分以上は信憑性のないやらせ投稿だと考えています。口コミを装った業者が特定の商品に好意的なコメントをたくさん残したりしてるわけですね。しょっちゅう見かけられる現象です。口コミってかんたんに操作できる割に、結構みんな参考にしちゃうんですよね(自分もですが)

 

というわけで、こういうやらせ投稿みたいなのが自分は超絶に嫌いなので、ビットコインの匿名マイクロペイメント投票でなんとかできないか、と考えました。一番簡単に言えば、ビットコイン寄付の送金金額でその投稿の信憑性を判断するってことなんですが、ただしこれは実は大きな弱点があります。

それこそさくら業者が好意的な投稿にたくさんお金を払えばいいということになるので、前以上にやらせがやりやすくなっておしまいってことになるかもしれません。というわけで考えたのが、ネガティブなことしか書かないお互いの傷をなめ合う投稿サイトならある程度上手く行くかなーと笑

 

例えば、「私の会社はブラック企業?」というサイトを作ったとして、それぞれの投稿は全て自分の企業がどれくらいブラックか説明する匿名投稿だとします。社畜Aさんが投稿したものすごーくネガティブな投稿に同意できる、他の社員の人たちが同情の寄付をしていくことで、傷をなめあえるだけでなく、その企業の生のブラック情報が色々出てきて、例えば就活生とかの参考になるんじゃないかなー、とか。

もちろんこの仕組みも競合企業が嫌がらせで何かしらそれっぽいことを投稿したりすることはできると思いますが、やはり自分の企業のブラックさのあるある、同情票は本当の被害者(社畜さん)じゃないと集められない気もします笑

 

というわけで上記のような仕組みで、あんまり企業とかが明るみに出したくないことをビットコイン送金投票でばらしてしまう、的なサイトがあったら面白いなーと思いました。これはボツになったというか自分は今は時間制約的に出来ないですが、誰かこういうの作ってくれたら匿名で投稿したり、投票してみたいとちょっと思います。誰か出来る人作って・・・笑

 

4.ビットコイン匿名出会いサイト

 

これは本当に自分が欲しいサービスというかなんというか、結構一人でブレインストームしたこともあります・・・笑

端的に言うと、自分の個人情報を業者とかのサーバーに保存せず、いわゆる人気な人のプロフィールを見るには、トークンなどの形でお金を払わなくちゃいけないというタイプの匿名出会いネットワークを作りたいなと。

背景としてなぜこんなことをしたいかというと、日本に限った話ではないですが、男女の出会いってかなり今非効率的だなーと思うからです。自分の職業、趣味、収入、趣向などをプラカード掲げてみんな生きてるわけではないですし、例えば見た目がすごいタイプの人を駅で見かけたとしても、声をかけたりすることは日本ではないです。(日本でやったら駅員さんに連行されるケースになりかねません笑)

海外だともう少しカジュアルに声をかけたりってのも社会通念的にOKなのですが、日本ではいわゆる学校、職場、特定の趣味のサークル内などのソトで出会った全く知らない人に声をかけるのは、ナンパとかでない限りないですね。

 

SNSとかが出てきて色々変わったこともあると思いますが、そもそも日本とかだと出会いの場というのがやっぱりかなり限られますし、経済学的なマッチングの視点などから考えるとものすごく非効率ですごい気になってしまうんですよ(そして自分も困っているんですよ


ちなみに以下は自分の愛読書。大学でミクロ経済学を楽しく学んでた身としてはそこそこ面白かったです。

www.amazon.co.jp

 

 

まあ愚痴はここくらいまでとして、どういう仕組みを考えていたかというと、基本的な仕組みはSynereoみたいなものなのですが、それぞれの個人情報は中央のサーバーには行かずそれぞれが管理。そもそもよくわからない怪しい出会い業者に自分の名前とか渡すのは基本考えられないので、これは必須です。

 

そしてそのアプリをオンにした状態の人がたくさんいると想定して、例えば同じ電車内でものすごくタイプの人を見かけたとしましょう。その人が同じアプリを持っているとしたら、自分の半径10メートルくらいにいるアプリ使用者の顔だけみれる状態ですね。最初は顔しか見れないので、もっと情報が見たい場合は、ビットコインもしくは専用のトークンをその人に送ることで、その人の職業だったり、趣味だったりというのが見れるようになるイメージです。自分の職業を公開するのに必要な金額はその人自身が設定すればいいと思います。(Gemsとかもこういうのに近い気もしますが、出会いというものにフォーカスしたサービスではないですね)

 

まあ長く、かつ熱くなってしまうのでこれ以上は説明しませんし技術的に可能かなども全然考えてないですが、要は匿名のまま、自分の個人情報を切り売りすることが出来て、位置情報などをもとに駅などの公共の場であった見ず知らずの人にもっと積極的にアプローチが出来るようになる、みたいなサービスが欲しいなーと。

 

まあ悪用みたいなのもいくらでも考えられますが、婚活とか婚活業者みたいなのが定着してきた感がありますし、もっと根本的に出会いの場とか、出会いの形態を変えられないのかなと一瞬結構真剣に考えたことがあります。まあこれは暗号通貨は本当はそんな直接は関係ないことなのかもしれないですけどね。


こういうのはそのうち出てくるんじゃないかとは思いますが、自分は今これはまだ手を出せてない感じなので、ボツというか他力本願状態です笑ベータテスターに積極的になるので、まだ自分がある程度若い2年以内くらいに完成させてくれ、誰か・・・。

最後に

 

他にも、「ポイントがあまりたまらないポイントシステム」「ビットコイン支払いが出来る自販機」などもはや何が言いたかったのかよくわからないのだったり、あんまり役に立たなそうなアイディアなども書いてありました笑

日本は特にまだまだビットコイン企業というとほぼイコール取引所だったり、多様性はまだまだ足りないですが、将来的には色んな領域から色んなアイディアが出てきて、ビットコインとかブロックチェーン技術の応用が進んで、あっと言わせるビジネスがドンドン出てきて欲しいですね。今日は単純に自分のくだらないボツアイディアの話でしたが。

 

もし他にもこんなダメアイディア自分も考えました!という人はコメントで教えてくれたら嬉しいです。

 

それでは。

 

※※※

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、面白かった場合は、IndieSquare WalletなどのCounterparty対応のWalletからビットコインで下記のアドレス宛に寄付してください。金額に応じて独自トークン(CNPCOIN)を元アドレスにお返しします。


CNPCOINを集めると、一部の人に限定公開している自分のメルマガや英語のカスタマーサポート連絡補助+αなどに使えます!出来ること一覧と値段はこちらのエクセルシートをご確認ください。

 

また、寄付金額により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブが)最新のレートについてはこちらのスプレッドシートで確認できます。

 
詳しくはサイドバーの「CNPCOINについて」というセクション内の記事で説明しています。

 

1ABG119jVm2jRw6sz4ewurc5jFRJkwu6aj

f:id:coinandpeace:20150519182542p:plain