ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

Litecoinの報酬半減とビットコイン価格への影響



現在Bitcoin XTとブロックサイズの問題などの影響もあり、300ドル以上まで一度浮上したビットコイン価格がまたがくっと落ちました。8月24日現在で220ドル付近をうろついています。

 

XTの問題は現在ビットコインスペース内で最も重要な問題ですが、実はそれに隠れてもう1つ重要なイベントが起きそうになっています。Litecoinの初めての報酬半減です。日本時間の8月26日の朝6時の半減実行まで、残り2日をきっています

(ちなみにXTについてはもう少しだけ自分で考えてみてから記事にする予定です)

 

そもそもコイン半減期とは何か?

ビットコイン、およびライトコインをはじめとしたAltcoinにはコイン報酬の半減が定期的に起こります。ビットコイン、ライトコインの場合は4年に一度です。

 

どういうことかというと、マイナーへのマイニング(承認作業)へのコイン報酬の絶対数が半分になるタイミングが4年に一度来るということです。具体的に言うと、現在2.5分に一回、50LTCが生成されていますが、それが明後日から25LTCに半減することになります。

 

え、よくわからないけどマイナーへのご褒美が半分になるってやばいのでは?そもそもなぜコイン報酬を半減させなくちゃいけないのでしょうか?

 

コイン報酬が半減する理由

よくビットコインは供給量が有限とか言いますが、これはつまるところマイニングの報酬がどんどん減っていくと言い換えられます。つまり、コインの供給量を一定量で固定化するために、少しづつマイナーのために新しく生成されるコインの数を減らしていく必要があるのです。

ビットコイン、ライトコインの場合はこれが4年に一度。コインの残り供給量がちょうど半分になる度にマイナー報酬の絶対数が半分にされます。ちなみに、ビットコインの場合はこの半減期を繰り返し、最終的に2140年に全てのコインが発掘される計算になりますね。

 

供給量を無限にするのを防ぐためにおこるこの半減期ですが、いきなりコイン報酬が半分になったら何が起きるのでしょうか?

 

報酬が半減した時のコイン価格への影響

すぐにコイン報酬が半減されるライトコインですが、どのような影響があるのでしょうか?特に価格への影響に興味がある人も多いと思います。考えられるシナリオとして以下の3つが主に考えられると思います。

 

  1. 供給量が減少→希少性増加→コイン価格上昇

    マイナーへの報酬が減少するということは、新たに生成されるコインの数が減少することであり、供給量の増加スピードが低下し、コイン一つ当たりの希少性が高まります。それゆえに、報酬半減する前よりコインの価格は上昇し、マイナーはコイン報酬が減っても、今まで通り利益を出すことが可能です。


  2. マイナーの利益率低下→中小マイナー離脱→ハッシュレートの低下&マイニングの中央集権化→コイン価格低下

    別の可能性として、上記のようにコインの価格が低下する可能性もあると思います。コインの報酬が半分になり、価格がなかなか上昇しない場合、マイナーの大部分は利益が出せなくなり、マイニング業務を停止します。そうすると、ハッシュレート(マイニングの競争倍率)も低下し、いずれは市場原理で価格とハッシュレートの均衡がとれるはずですが、マイニングの寡占化、産業化が進み、結果としてネットワークの価値が薄れコイン価格が低下する可能性があります。


  3. すでに価格に織り込み済み。特に変化なし。

f:id:coinandpeace:20150824170225j:plain

上記のグラフの通り、7月にライトコインの価格は大幅に上昇しました。これは、中国のポンジースキームによるもの、という見方もありますが、これがコイン報酬半減期に備えての買いあさりだった場合、コイン半減の影響はすでにある程度市場に織り込み済みの可能性もあります。そうであれば、コイン価格にはそこまで大きな影響がないかもしれません。

 

結局どうなる可能性が高いのか?

主に3パターン挙げましたが、結局どうなるのでしょうか?

 

大勢の見方では、コイン価格は上昇すると考えられています。下記はLitecoin開発者が公式に公開している動画ですが、このビデオでもライトコインの価格の短中期での価格上昇が想定されています。

 

www.youtube.com

 

もう一つ価格上昇を予想する根拠として、2012年に起きたビットコインの報酬半減の経験があります。2012年11月にビットコイン報酬が50btcから25btc(現在の報酬額)に半減したわけですが、その後ビットコイン価格は数か月かけて大きく上昇しました。

 

f:id:coinandpeace:20150824171714j:plain

 

今回のライトコイン半減後も、数か月かけてゆっくり価格が上がっていくのでは?と期待も含めそういう想定をする人が多いです。

 

ビットコイン価格への影響

ライトコインの価格が半減期後どうなるかは、なってからのお楽しみ、というのが正直な答えですが、これは2016年に再び発生するビットコインの報酬半減とそれの価格への影響の重要なシミュレーションになります。

 

もしライトコインの価格が実際に上昇したら、これはビットコイン、およびビットコインの市場価格にとっても好材料になる可能性が高いです。逆にライトコインの価格が急落したり、ネガティブな結果になって場合、XTの混乱も含めビットコイン価格に大きな下落プレッシャーをかけることになりかねません。

 

その点でも、このライトコイン半減期の影響については注目しておいて損はないでしょう。

 

最後に

しばらくビットコイン漬けの生活をしていると、価格というのは少なくとも技術とは無関係というのが私個人の正直な考えですが、価格は市場のビットコインへの関心、自信を測る重要な指標というのも事実だと思います。

 

XTのごだごだもあり、価格的にも今かなり正念場にある気がしますが、このライトコインの半減期がとどめを刺すようなことにならないか、少し心配ではあります。

 

ただし、どちらかというと私はこの半減期が楽しみで、大した額ではないですが少しライトコインを仕込んでおきました。上がって欲しいです笑

 

それでは。

 

※※※

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった場合は、カウンターお財布などのCounterparty対応のWalletからビットコインで寄付してください。詳細についてはこちらの記事からどうぞ。このブログの成功を読者と分け合うwin-winの関係を築けるか、という実験です。

 

また、寄付金額により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。最新のレートについてはこちらのスプレッドシートで確認できます。

 

1ABG119jVm2jRw6sz4ewurc5jFRJkwu6aj

f:id:coinandpeace:20150519182542p:plain