ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

日本が誇る!?外国出身在日ビットコイナーたち

いやー、ここ最近全く記事が更新出来ていませんでした。忙しいというのはただの言い訳なのですが、もう少し時間の有効活用、効率を上げていかなくてはいけないなと反省しています。

 

Counterpartyに関するもう少し丁寧な概要説明とEthereumとの比較、Swarmの説明、今年前半の振り返りなどなど、書きたいトピックは何個もあり、半分くらい書いている記事も結構あるのですが、中々書ききれなくボツになってるものも多いです・・・w

 

さて、今日も手短になってしまいますが、最近実は日本って面白い才能が結構いるじゃん、と思ったので記事にしてみようと思います。ただし安心してください。そろそろケチャップのようにどばっといい記事を出せる気が今しているので笑

 

実は日本には優秀な外国人エンジニアがたくさんいる

このブログでも、日本ではまだまだブロックチェーンを理解している技術者が少ないとか愚痴ってますが、東京ビットコインミートアップなどに参加している在日外国人ビットコイナーの中には、世界標準でも考えてもレベルの高い人たちがいます。本人たちに許可はとってないので実名は一応伏せておきますが、在日外国人ビットコイナーがやっているプロジェクトを何個か紹介してみようと思います。

 

Sarutobi, Game of Birds

f:id:coinandpeace:20150703124802p:plain

 

SarutobiというiOSゲームを知っている人は読者の中にも結構多いと思います。サルを飛ばす距離を測るだけの簡単なゲームですが、ゲーム内で集めたアイテムに応じて少額のビットコインチップを簡単に受け取れる仕組みになっています。なお、ゲームの紹介はこちらのリンクから。(開発者の人の名前ばれちゃいますねw)

開発者の人は最近実は東京に引っ越してきたようで、東京ビットコインミートアップに昨日も参加してました。

なお、Sarutobiの他にGame of Birdsというゲームもリリースしてまして、このゲームでもビットコインチップを受け取れるようになっています。このゲームに関してはZaifのブログでも紹介されたことがありますね。

f:id:coinandpeace:20150703125605j:plain

 

Ninki Wallet

f:id:coinandpeace:20150703130247p:plain

こちらも在日の外国人の方が作ったBitcoin Wallet。Multisigを使っており、セキュリティが高いだけでなく、友達登録などをすることでパブリックアドレスなどを気にせずビットコイン送金をすることができます。英語ですが、こちらのホームページを参考にしてください。iOSとAndroid両方でインストール可能です。UIもきれいで昨日開発者の人とも話しましたが、セキュリティの部分にはかなり気合いを入れて作っていつので、ある程度の額を入れる普段使いのwalletとしての使用にも全然耐えられます。

 

Reality Keys

Reality Keysは「事実の認証局」というコンセプトのスマートコントラクトサービスです。今動いているスマートコントラクトサービスとしては一番古いものじゃないのでしょうか。

株価の予想、選挙の結果などに対して他人、もしくは自分自身とブロックチェーンで契約を結び、強制力のある契約(賭け)をすることができます。

 

開発者は日本在住のエンジニアで、日本のビットコインスタートアップイベントにも参加したこともありますね。彼は実は相当すごいエンジニアで、技術のことで相談に乗ってほしいと、Bitcoin FoundationやRipple Labからわざわざアメリカまで呼び出されたこともあるとかいう噂も・・・。

 

その他

Bitcoin Wallet "LuxStack"も在日外国人主体のチームで開発されています。また日本ではあまり知名度が高くないようですが、Bitcoin Jesusのニックネームで有名なエンジェル投資家Roger Verなども普段は日本にいます。他にも法人としてではなく、個人でビットコイン系のサービスを出している在日外国人ビットコイナーは複数います。

 

まとめ

日本人の技術者があまり増えない中、外国人ビットコイナーがまだまだ国内のビットコインシーンを少なくとも技術の面でリードしている感があります。実際話をしていても、ビットコインやブロックチェーンの技術的な理解は外国人ビットコイナーの方が高いと感じることが多いです。まあ情報もまだまだ英語がほとんどなので、言葉の面でも日本人エンジニアは不利なのかもしれないですが。

 

来週月曜日にはデジタルガレージ社主催のThe New Context Conference 2015 Tokyoがありますが、スピーカーはほとんど外国人の人たちですし、参加者も半分以上は外国勢なのではないでしょうか。やはり日本はまだまだ外国勢に太刀打ち出来ていないですね・・・。

 

来週のカンファレンスでは海外からスピーカーが来ますが、まず国内にも強力なライバルがいます。日本人の技術者にももっと頑張ってほしいな、と非技術者として勝手に思ったりしていますw少なくとも僕は負けないようにもっと勉強したり活動したりしたいと思ってるので。

 

それでは。

※※※

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった場合は、カウンターお財布などのCounterparty対応のWalletからビットコインで寄付してください。詳細についてはこちらの記事からどうぞ。このブログの成功を読者と分け合うwin-winの関係を築けるか、という実験です。

 

また、寄付金額により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。最新のレートについてはこちらのスプレッドシートで確認できます。

 

1ABG119jVm2jRw6sz4ewurc5jFRJkwu6aj

f:id:coinandpeace:20150519182542p:plain