読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

Bitgirls(ビットガールズ)にも分かるビットコインとトークンの解説

f:id:coinandpeace:20161002120651p:plain

 

テックビューロが発表したBitgirlsの放送が近づき新メンバーが追加されたり盛り上がってきていますね。

 

企画内容などはともかく(まだどんな番組になるかよくわからないですが)ビットコインが一般のテレビでこんな風に紹介されるのは非常に素晴らしいので、自分も応援はしていますが、ただし一つだけちょっと心配が。

 

「ビットガールズの出演者はそもそもビットコインもトークンも何のことかさっぱりわかってないよね!?」

ということです笑

実はすでにビットコインを購入済みの出演者もいたようですが、さっそくビットコイン紛失したりしてますし、せっかくならもう少しどんなものか理解してちゃんとしたユーザーになってもらいたいところ。まあ正直番組自体はビットコインは多分直接関係ないとは思うのですが、投票のところにビットコインやトークンが使われるため、ぶっちゃけるとここらへんの仕組みを理解しておいた方がインターネットで投票してもらいやすくなる可能性が高いです。(ビットガールズ本人たちがこの記事読む気はしないけど笑)
 

また、ビットガールズがきっかけでビットコインに興味を持ったり、自分も投票してみたいという人にももしかしたら役に立つかもしれません。

 

まずビットコインって何?

 

まずビットコインは何っていう話なのですが、これをちゃんと説明し始めると記事10個書いても収まらないので、ビットガールズが必要な分だけ説明しておきます。

 

「ビットコインは新しいタイプの魔法のインターネットマネー」とでも言いましょうか。よく分散ネットワークが~とか、管理主体がいなくて~、マイニングとコンセンサスアルゴリズムが~とかドヤ顔で説明されたりしますが、とりあえず「誰にも管理されてなくてでも誰にでも使えるインターネット上で早く安く安全に送金ができる新しいタイプのお金」、くらいで理解しておけばいいと思います。


ビットコインを送ったり受け取ったりするには「ウォレット」というものが必要になります。ウォレットはパソコン用のもの、スマホ用のもの、セキュリティーに特化した専用のハードウェアウォレットなどというものもありますが、せいぜい数万円分くらいまでのビットコインなら、スマホ用のウォレットをインストールするのがいいでしょう。iOSならBread Wallet、AndroidならBitcoin Walletというのがシンプルで初心者にはおすすめです。また後で説明しますが、ビットガールズで使用される投票トークンも扱えるIndieSquare WalletはiOS、Android両方でインストールできます。

 

ビットコインを買うには?

ビットコインを買うには取引所というところで、銀行振り込みやクレジットカードなどでビットコインを買えます。

 

今回の番組はテックビューロがプロデュースしているので、Zaifという取引所を使うのがおすすめです。他の取引所と比較したい人は半年程前にこちらの記事で自分が国内の取引所をインタビューした比較記事もあります。どこの取引所でビットコインを買っても、ビットコインはビットコインで同じです。


トークンとは?

 

さて、何となくビットコインとはどんなものかわかったところで(ビットコインについては他にもたくさん情報出ているので頑張って調べてください)今回の企画の最も重要な部分は実はビットコインではなくて、この「トークン」というものです。

 

トークンとは何かという定義は実はきちんとしたものはないのですが、簡単に言えば「ブロックチェーン上で発行した独自コイン」をトークンとみんな何となく読んでいます。今回のビットガールズの投票のシステムには、ビットコインのブロックチェーンを利用したカウンターパーティ(Counterparty)というプロトコル上のトークンが使われています。

 

f:id:coinandpeace:20161002120821p:plain

 

カウンターパーティトークンもビットコイン同様ウォレットから送受信することができます。ビットコインとカウンターパーティトークン両方を扱えるIndieSquare Walletというスマホ用のアプリなどを使うことでビットガールズへ投票したりすることが出来ます。余談ですが、カウンターパーティ上で自分のトークンを作るのは実は技術的な知識もそこまで必要なく、簡単です。(やり方などは簡単に後述)

 

 

ビットガールズの投票の仕組み

 

詳しい情報はビットガールズの公式ページにのっていますが、トークンを使ったビットガールズの投票の仕組みですが、簡単に説明すると、

 

HYOU」と呼ばれるトークンを使って、投票用のページから視聴者が好きな出演者に投票するような仕組みになっています。投票の仕方がイメージしづらいかもしれないですが、投票ページに表示されるQRコードをIndieSquare Walletから読み込んで、そこにHYOUを送ることで投票となります。このスマホからQRコードを読むという動作はビットコインユーザーの定番です。


HYOUだけでなく、出演者の人気も番組の内容に影響されるようです。この人気を測るのに、トレカブと呼ばれるトークンがそれぞれの出演者用に発行され、これを視聴者が売買してトレカブに値段がつくことで人気ランキングがわかります。会社ではなくて個人の株式を発行している感じ、と言えばもしかしたらわかりやすいかもしれません。

また、このトレカブを持っていることで、先ほどのHYOUという投票用のトークンがもらえるので、自分の好きな出演者を応援したい人ほどたくさんトレカブを買ってガンガン投票することになります。


トレカブとHYOUの入手の部分では駆け引き的な側面もありますが、まあ要は人気の出演者ほどトレカブの価格が上がって、HYOUを使って投票してもらえる、くらいの理解でビットガールズにとっては十分だと思います。

 

ICOって?

 

公式サイトにもICOとか書いてあると思いますが、正直なんのことかわからないと思います。ICOはInitial Coin Offeringの略で株でいうところのIPO、まあ要は企画者がコインを売りに出して、支持者がそれを買うことです。クラウドファンディングの一種ともいえるかもしれません。

ビットガールズのICOでは、先ほどのトレカブが番組公開前に売りに出され、ビットガールズのファンや投資家などがビットコインなどでトレカブを購入できるようになります。ICOのスタートは明日10月3日からです。

 

HYOUやトレカブのその他の入手方法

HYOUやトレカブはカウンターパーティ上のトークンなので、ビットガールズだけでなく他のアプリやサービス上でトークンを配ったりすることが出来ます。

例えば、takaraというiPhone用の位置情報アプリとIndieSquare Walletをつなげることでカウンターパーティトークンを落としたり拾うことが出来るようになるので、すでに投票用のトークンHYOUが地図上で落とされたりしてます。

 

f:id:coinandpeace:20161002122529p:image


他にもトレカブ購入にも使えるZaifの公式トークン「ZAIF」を持っている人にHYOUが配られたり、少額のHYOUがタダでもらえるフォーセットというサイトが出てきたりしてます。

他にもキャンペーンでトレカブやHYOUをばらまくようなので、ZaifのTwitterアカウントなどをフォローしておくといいかもしれません。不特定多数の人に色んな方法で簡単に送ったり受け取ったりできるのがトークンを使うメリットの1つですね。

Bitgirlsで勝つにはずばりどうすればいい?

 

というわけで、ビットコイン、トークン、投票の仕組みが何となくわかったと思うので、最後にある意味最も重要なBitgirlsで投票してもらうにはどうすればいいか、こっそりビットガールズたちにアドバイスをしておきます!(絶対この記事読んでないけど笑)

 

まず今回のトークン投票に参加するのは、すでにビットコインにある程度以上詳しい「ビットコイナー」という人たちです。いかに彼らをたぶらかして…、いやアピールできるかがポイントなのですが、とりあえずツイッターなどで「ビットコイン買いました~」とか「誰か優しい人ビットコインの使い方教えて♡」などでもツイートすれば、無駄に情報集能力が高い兵隊ビットコイナーたちがすぐに感知して拡散してくれます!笑


ビットコイナーは本当にちょっとでもビットコインに関してポジティブなことを言ってもらえると、何万円分でもビットコインを送ってくるようなヤバイ人たちですから、勝ちたかったら嘘でも「ビットコイン興味あります」アピールは重要です。



そしてもう一個具体的なアクションとしておすすめなのが、先ほど説明したIndieSquare Walletをインストールして、自分のアドレスのQRコードをツイッターとかでさらせば、ビットコインもたくさん送られてきますし、他にも自分で作ったオリジナルのトークンを送ってくる人達が多分たくさん出てきます。これやってリアクションしたりすればもう投票率バンバンあがりますね笑

 

 f:id:coinandpeace:20161002122734p:image

 

また、都内にもビットコインで支払いができるお店も結構あるので、そこで「ビットコインで飲み代払いました」とセルフィーとセットで公開すれば多分投票率上がります。というか多分自分が投票します笑

 

ちょっと応用ですが少し高度なことをツイートなどすればコアなビットコイナーも反応してくれるかもしれないです。以下にお見本のテンプレートを作っておくので、是非そのままパクってください。

「正直スマートコントラクトの実用的なユースケースわかんないよね~」

「で、SegWitはいつ本番公開されるの?」

「最近注目してるのはSchnorr署名かな」

「あー、Poloにログインできない」


などです。

 

最後に-この記事の作者について

なぜか最後に一応自分の説明をしておくと、自分はIndieSquareの共同創業者でもあるので、今回紹介したIndieSquare Walletの開発もしています。そして今回Bitgirlsに使われている、カウンターパーティというオープンソースプロジェクトのコミュニティーディレクター(まあボランティア代表的なものです)もやっています。

 

まあつまりこの記事自体ある意味ステマみたいなものなのですが(笑)、是非カウンターパーティトークンを使って、これをきっかけに一般の人も巻き込んで盛り上がっていただければと思います。

 

え、ビットガールズの中では誰推しかって?正直あまりひいきとかはなくて中立で見ようと思ってるのですが、この記事を最初に拡散してくれた人を押します笑
(というか勝ちたければまず先に媚びを売らなくては行けない人間は多分自分。海外のコミュニティー含めて本気出せば勝敗の操作することもぶっちゃけ多分可能。つまりまあ本当お願いします笑)

 

えーっと、それでは笑

 

Donate with IndieSquare


***

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、もしくは面白かった場合は、上記の寄付ボタンをクリックして、IndieSquare Walletからビットコインで是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

 

CNPCOINを集めると、CNPCOINを持っている人にしか見れないトークンフォーラムで自分のぶっちゃけ話を読めたり、トークンを使ったブロックチェーンゲームのカードの購入などに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

 

また、寄付金額やこのブログのアクセス数の推移により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブがあるようにしています)最初は、CNPCOIN=1円から始めて、2016年8月時点でCNPCOIN=3円のレートでビットコイン寄付に対してお返ししています。