読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

銀行離脱が始まった!? R3CEVはもうダメですか?

Goldman SachsとSantanderの突然のR3CEV(R3)脱退に衝撃を受けた人も多いのでは?



www.coin-portal.net

 

btcnews.jp

 

世界の主要なメガバンクなどをまとめあげるコンソーシアムチェーン(というかバンクチェーン)として、ブイブイ言わせてたはずのR3に黄信号のようなニュースでゴールドマンが抜けるという報道が出た少し後に、サンタンデールも同じく脱退というニュースも出て、この影響で他にもどんどん参加銀行が抜けていくような状況も考えられます。

 

ただ、今回のニュースはビットコイナーにとって驚きなのでしょうか?

 

前々からビットコイン業界内では、メディアでのハイプやPRは抜きにした時に、R3の技術やブロックチェーンに関する応用、やり方に関して批判的だったり、非常に懐疑的な人も多くいて、またちらちら噂話程度では「R3は結構やばそうだ」みたいな話は以前から自分の耳にも入っていました。

 

なので、自分は多分そこまでは驚きはしなかったのですが、R3は実際もうマイクハーン状態(もうダメです)なのでしょうか!?ビットコインはもうダメです、と宣言したマイクハーンが移った先がR3だったのですが、もし本当にもうダメ状態なら皮肉というか(ざまあ)何かちょっと面白い感すらありますが…。

 

まず、自分はR3に関して特に内部の様子を知っているわけでも、Cordaに関して深い理解をしているわけでも興味もないのですが、自分は今回の脱退が原因でR3が崩壊するとは思ってません。ゴールドマンサックスの脱退で追加でさらに数行抜け、段々ネットワークが萎んでいって資金調達なども失敗して死亡みたいな可能性はもちろんありますが、おそらく大部分の銀行はなんだかんだ残るんじゃないでしょうか(勘です)

 

一定数以上の銀行がいる限り、コンソーシアムチェーンとしてのR3は機能するはずですし、参加銀行間だけでもある程度のコスト削減などの効果が見込めるなら、今回のニュースが死刑宣告にはならないでしょう。諸事情で今後もどこかの銀行が抜けて、別の銀行が入ってきたり、などの入れ替えもあるでしょうし、R3も公式声明でそのような自体は元々想定していたと述べています。

 

なので、今回のニュースは間違いなくR3にとっては大きな打撃ですが、致命傷にはならないと思っています。ただし、ビットコイナー的な視点としても面白い少し別の見方をすることも可能で、ゴールドマンサックスの脱退は抜きにして、もともとR3というコンセプト自体がスタートした時点から破たんしていたんじゃないかということです。

 

先日、R3の人たちが出ているポッドキャストをだらーっと聞いてたら、元々R3は、銀行間のネットワークをつなぐような役回りをいていた人により始められた、みたいな発言がありました。この発言すごく面白いなーと思ったんですが、どういうことかと言えば、要はどの社会にもいる、「顔の広い人」「銀行と仲の良い人」の存在ありきで、世界中の主要な投資銀行などに声をかけ、それがR3のコンソーシアムチェーン拡大の直接の推進力になっているようです。

 

よくある話です。逆に言うと、よくある話だからR3のモデルは元々破たんしてたんじゃないかっていう主張が出来ます。

 

R3やその他の多くのプライベートチェーン、コンソーシアムチェーンは参加者同士の信頼を前提としています。なので、参加者がみんな仲良しで、協力し合えば上手く機能するはずです。コストも削減できると思いますし、国際送金のコストやスピードも多分大きく改善されるでしょう。スマートコントラクトも機能するでしょう。美しい世界です。お互いを信じあいさえできれば。



でも、コンソーシアムチェーン内の銀行はお互いを信じあえるんでしょうか?むしろ今まで信じあえなかったから、現在のような非効率な仕組みが出来上がってるんじゃないでしょうか?この信頼関係の問題は、プライベートチェーンが魔法のように解決してくれる問題ではないです。


このネットワークの参加者や、中央集権的な政府が信頼できないから(信頼は裏切られるようなインセンティブ構造になっているから)、そういう人たちを信頼しなくても機能するような、そういう仕組みとして考案されたのがビットコインでした。ビットコインは高いとか遅いとか、マイニングはエネルギーの浪費だとか言われたりしますが、これはむしろ意図的とも言えます。

 

信頼を分散化し最小化するための仕組みとして、PoWのマイニングを採用した結果、コストとスピードとの一定のトレードオフのような関係があるからです。なのに、ビットコインは遅くて高くてスケールしないし、無駄なエネルギーを使うので、信頼できる人たちとだけのネットワークを作ってしまおうと言ったら、完全にスタート地点に戻っているだけな気がしませんか?

 

まあともかく、R3が今回のゴールドマンサックスの脱退が直接の原因となって失敗するとは思わないのですが、これはむしろもっと根本的な構造的な問題が段々顕在化しているだけなのかもしれません。リーマンブラザーズの崩壊が金融危機をもたらしたというか、元々の経済がすでに崩壊していて、そのほころびがたまたまリーマンだったみたいなそういう話かもしれませんね。(まあ諸説ありますがw)

 

まあ自分は内部が実際どういう風になっているかどうかは全く知らないので、予想などはあまりあてにしない方がいいでしょうが、色々話を聞いたり、読んだりしてても何かR3の未来はマイクハーン気味でしょうか。内部情報持ってて反論出来る人がいれば是非教えてもらいたいです。

 

それでは。

 

Donate with IndieSquare

 

***
このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、もしくは面白かった場合は、上記の寄付ボタンをクリックして、IndieSquare Walletからビットコインで是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

CNPCOINを集めると、CNPCOINを持っている人にしか見れないトークンフォーラムで自分のぶっちゃけ話を読めたり、トークンを使ったブロックチェーンゲームのカードの購入などに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

また、寄付金額やこのブログのアクセス数の推移により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブがあるようにしています)最初は、CNPCOIN=1円から始めて、2016年8月時点でCNPCOIN=3円のレートでビットコイン寄付に対してお返ししています。