ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

マウントゴックス(Mt.Gox)元CEO逮捕報道についての感想

今日日経で、悪名高いマウントゴックス(Mt.Gox)の元CEOが架空口座の残高水増し容疑で逮捕される方向だという記事が出ました。要は、「なくなってしまった」という例のビットコインは、彼が自分のビットコイン口座に移して着服してた可能性がある(高い?)という判断でしょう。

 

真相はまだわかりませんが、とりあえずニュースに便乗して手短に自分の感想を書いておこうと思います。ブログって元々そういう場だと思いますし笑

 

日本はいまだにマウントゴックスから抜け出せてない

日本のビットコインに関する記事や報道には、ほぼ100%マウントゴックスは○○でしたが、みたいな表現がついて回ります。2014年のMt. Goxの騒動、記者会見から1年以上経っていますが、一部を除き、メディアや一般の人の理解度はその時からさして変わっていないでしょう。一年ちょっと前に「今勉強始めたところでしてー」と言っていた人は、おそらく今も「今勉強始めたところでしてー」と言っている気がします。

 

そもそも多くの人にとってはビットコインは2014年に死んだことになっていますし。

(今日は、あれはビットコインとは本当は切り離して考えられるべきだ、とか、ビットコインとは円天は全然違う、とかいう話はしません。詳しくはこちらの記事に書きました。)

 

個人的にはずっと言ってますが、早くマウントゴックス事件で勝手に作り上げられた負のイメージを乗り越えて、この新しい技術の可能性を真剣に考えた方がいいのではないでしょうか。特に1年後くらいには、国内のメディアでも胡散臭い扱いをするようなところはなくなっているのでしょうから。

 

一般の理解度はまだ低いし、ずっとこのままかも

マウントゴックスの影響もあると思いますが、一般の人でビットコインについて少しでも知っている人はあまりいないですし、自分が一生懸命説明しても全く響かない人も多いです。ネット上でもビットコインに関して好意的な発言をしている人の方がまだ圧倒的に少数派の気がします。し、政府への信頼とか、詐欺と決めつけたり、もしくは管理、サポート体制の不在などを批判し、そもそも聞く耳もたない人も相当いると思います。(人間って思ったより管理されたい生き物なのかなと最近思ってますw)

 

最近自分は割ともうあきらめていて、同じ説明をしてもわかる人もいればわからない人もいるので、わからない人に説明しようとしてもお互いに迷惑なだけだと実は思ってます。

 

大部分はおそらく、ビットコインやブロックチェーン技術が社会にもっと大きな影響を及ぼし始めた段階で、回りをみながら何となくエコシステムに参加するだけなので、今後も別にわからない人に説明する意味はあまりないかもしれません。一般の人でも使えるサービスやベネフィットを提供することに時間を使った方が有意義でしょう。

 

マウントゴックスからの技術革新

マウントゴックス(もしくはMark Carpeles個人)の過失は、ビットコイン自体とは切り離されるべきとはいえ、マウントゴックスは確かにビットコインの歴史の中の汚点であることは間違いありません。

 

ただし、それ以降、同様の事件が起きないように様々な工夫、革新が考案され、(Cold Wallet, Multi Signature Walletなど)同様の事件は1年後と比べると起きにくくなっています。また、さらに一歩進んで分散型の現金ービットコイン取引所というものも、開発されており、今後はそもそもMt.Goxみたいな取引所や換金所がなくても、個人間で簡単にビットコインのトレードが出来るようになると考えられています。

 

一般には「もう終わった」とか「まだあったの?」とか言われることがあっても、実はあれ以降の革新はすごいことになっているのです。

 

最後に

実は自分もビットコインについて最初にきちんと感知したのは、Mt.Goxどうのという報道が最初でした。自分ももちろん「なんだこいつ?」とか会見の映像とかを見ても思いましたし、背景にこんな壮大な技術革新やポテンシャルが隠れているとは最初はもちろん思ってもみませんでした。

 

自分がそうであったように、怪しいとかおかしいと思うのであればこそ、メディアがまき散らすアジェンダ、ニュアンスを真に受けるのではなく、ちょっと調べてみて自分の頭で考えて結論を出したら世界が開けるかもしれません。夏休みの自由研究にはきっと持って来いですよ。

 

その点では不謹慎ですが、自分はその機会を与えてくれたマウントゴックス事件にはある意味感謝しているところもあるのです。

 

それでは。

 

※※※

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった場合は、カウンターお財布などのCounterparty対応のWalletからビットコインで寄付してください。詳細についてはこちらの記事からどうぞ。このブログの成功を読者と分け合うwin-winの関係を築けるか、という実験です。

 

また、寄付金額により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。最新のレートについてはこちらのスプレッドシートで確認できます。

 

1ABG119jVm2jRw6sz4ewurc5jFRJkwu6aj

f:id:coinandpeace:20150519182542p:plain