ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

CNPCOINアップデート 1月の寄付結果+銀行コイン勝手に作っちゃった?笑

CNPCOINの1月の寄付額の報告と、そして最近トークンが国内ですごい盛り上がっていて、色んな面白いやりとりが起きているのでご紹介します。

 

1月の寄付の状況

このブログではビットコインで寄付を送ってくれた読者には、お返しに自分がCounterpartyで作った独自コインCNPCOINをお渡ししています。

 

CNPCOINを持っている人には特別なメルマガを送ったり、ビットコインに関する個別のアドバイス、情報提供をしたりしていて、さらにこのブログの人気が上がれば上がるほどCNPCOINの入手は難しくなるような設計をして実験しています。そうすることで、特に初期から色々応援してくれた人たちとトークンを通してWin-WInの関係を築けるんじゃないかと試行錯誤しています。(CNPCOINについては詳しくはこちら

 

もう一年数か月ほど、色々トークンを使って実験してます。

 

で、本題の1月のビットコイン寄付状況ですが、

 

寄付数:32

合計寄付額: 約1.05138 btc

 

と一日一件以上の頻度で寄付をいただき、1月だけで合計1ビットコイン以上(今のレートで5万円分くらいでしょうか)も寄付をいただいてしまいました・・・。いやー、本当にありがとうございます。

(ちなみにトランザクションは全てブロックチェーン上で確認できます。) 

 

なお、寄付金額が増えるごとにCNPCOINの公式レートを少しづつ引き上げていっていて、現在1CNPCOIN = 2.04円 のレートでCNPCOINをお返ししています。一番最初に始めた時は1CNPCOIN=1円で設定していました。

 

二か月ほど前から以下の寄付ボタンを導入してから、寄付をいただく頻度が非常に増え、額より寄付をしてくれる人の数と頻度が上がったのが非常にモチベーションにつながっています。

 

Donate with IndieSquare

 

 

自分の他にもビットコイン投資研究所もなちょのブログでも寄付ボタンを使い始めており、読者との交流、ブログ活動継続の収益として使われてすでに結果が出始めているようです。自分でも驚くくらいの結果が出始めています。

 

最近note.muというサービスを使ってすごい売上が出たとかいって、一部界隈で盛り上がってますが、自分的には無名のブロガーとかでも、読者からの応援の寄付を通して収益をあげつつ、トークンを渡しておくことで、読者とWin-Winの関係を作りつつ一緒に成長してく、みたいなそういうモデルがその後に来るんじゃないかと考えています。

 

MUFGコイン勝手に作っちゃった?(その他のトークン関連のニュース)

 

以前にも最近国内でも独自トークンを作って色々実験し始めている人が増えているという話をしましたが、最近いよいよ盛り上がってきているな、と感じてましてみなさま思い思いに色々やらかしてくれています笑

 

先週、東京三菱UFJ銀行がMUFGコインを作るという話がちょっと盛り上がりましたが、Counterpartyを使って勝手にMUFGCOINという名前のトークンを作っちゃう人が出たり、それがCounterpartyの分散取引所(Dex)で売買されてちょっとした市場価格がついてしまったり、SMBCCOINが勝手に作られたり、なんだか面白いことになっています笑(まあただのおふざけなので別に多めに見て欲しいところ・・・)

 

f:id:coinandpeace:20160209183803p:image

 

f:id:coinandpeace:20160209183807p:image

 

銀行がやろうとしていることは、基本的にクローズドなネットワークにブロックチェーンを適用し、コスト削減を狙うということだと思いますが、ビットコインやCounterpartyのようにオープンなプラットフォームの強みは、誰でも参加出来て誰でも勝手に色んなことをやれる、誰の許可を得ずにもプロトコル上に色んなサービスを作ったりすることができる、このような許可なきイノベーションが起こせるところでしょうね(Permissionless Innovation)これが世界中のビットコイナーが主張しているパブリックチェーンの強みです。

 

以前紹介したこともあるAskMonaのCounterpartyネタトークンスレッドも続いていますし、そのスレッドからすでに軽く10は新しいトークンがデビューしているよう。トークンは、株市場に応用したり、IoTへのアクセス権限に応用したり(Smart Property)いわゆる真面目な分野にも色々応用が効くだけでなく、ほとんど意味も価値もないものを挨拶とかコミュニケーション代わりに送ることまで、色んな用途で使えてクリエイティビティが生きるのがいいところですね。

 

もしよくわからないけど面白そうだ、自分も始めてみたいという人は、スマホのCounterpartyのウォレットアプリ、IndieSquare Walletをインストールして、1から始まる自分のCounterpartyアドレスをこちらのスプレッドシートに記入すれば、多分色んな人から一気に10個くらい挨拶がわりのトークンが送られてきますよ笑ビットコインさえ持っていれば、ウォレット内で完結して自分の新しいコインを作ることも出来るので是非試してみてください。

 

みんなが色んなことを勝手にやるところから、新しいアイディアやイノベーションが起きると自分は思ってるので、これを読んで興味のある人は是非色々やらかして欲しいなーと思います。あ、もちろん自己責任とれる範囲でね笑

 

それでは。

 

Donate with IndieSquare

 

***

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、面白かった場合は、IndieSquare Walletから上記の寄付ボタンをクリックして是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

CNPCOINを集めると、一部の人に限定公開している自分のメルマガや英語のカスタマーサポート連絡補助+αなどに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

 

また、寄付金額により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブが)最新のレートについてはこちらのスプレッドシートで確認できます。