読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

(速報)Bitpayが決済事業からピボット発表 ビットコイン決済事業の未来は?

まだ公式のブログなどではアナウンスされてないようですが、Bitpayが決済業からピボットし、違うビジネスモデルにピボットすることが明らかになりました。北アイルランドのベルファストで行われたカンファレンスにて、Bitpay CEOのStephen Pairが発表しました。ソースはTim Swansonのこちらの記事です。(英語)

 

すでに数万店舗の顧客を抱えるBitpayが決済事業から事実上の撤退(サービスはしばらくは継続すると思いますが)するというのはかなり大きなニュースです。

 

速報ですが、このニュースから思ったこととして、

 

1.ビットコインの決済事業では少なくともしばらく収益は出ない

 

国内にもビットコイン決済事業をやっている会社はありますが、これは彼らにとっても残念な現実だと言えます。

 

2.Bitpayは生き残れるのか?今後の方向性は?

 

Bitpayは決済以外にも様々な分野の技術を持っています。CopayはMultisig Wallet、また、開発者用のBitcoreなど様々な技術を持っていますし、決済業以外でも何とかやっていける気がします。

 

ただし、Multisig walletなら、Green Address、Bitgoなどの競合がいて、開発者用APIもChain, Gem.co, Block.ioなどの強力なライバルがいます。

 

Bitpayが次にどの分野に注力するかはまだ不明ですが、もしかしたらMicropayment Channelのような新しい分野にピボットするのかもしれません。

 

最後に

速報なので詳細ははしょりますが、今回のニュースはかなり大きなそしてどちらかというとネガティブなニュースな気がします。

 

ペイメント手段としてのビットコインは上手く機能していない(投機目的の保有者が多い、ビットコインを日常的に使うインセンティブに欠ける)ことが改めて露呈された気がします。国内でもビットコイン受け入れ店舗はいくつかありますが、ビットコイン支払いしているお客さんはやはりほとんどいないようです。

 

詳細はおそらくCoindeskなどに明日にでも出ると思いますが、速報でした。時間があれば後でもう少し自分でも考察してみます。

 

それでは.

 

※※※

このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった場合は、カウンターお財布などのCounterparty対応のWalletから是非寄付していただき、実験に協力していただければ。詳細についてはこちらの記事からどうぞ。このブログの成功を読者と分け合うwin-winの関係を築けるか、という実験です。

また、寄付金額により、お返しのCNPOINのレートは変わっていきます。最新のレートについてはこちらのスプレッドシートで確認できます。

 

1ABG119jVm2jRw6sz4ewurc5jFRJkwu6aj

f:id:coinandpeace:20150519182542p:plain