読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

ビットコインへようこそ!ステップ1 お財布アプリを入れてみよう

理由はどうであれ、ビットコインに興味があり、ビットコイン世界へ足を踏み入れたい人。ようこそ!

 
一番簡単にビットコインを始める方法?それはまずBitcoin Walletのアプリをダウンロードすることです。ここから先は全員スマホを持ってる想定で行きますが、もちろんパソコンでも同様のことはできます。ただスマホ持ってなかったらまず買ってきてください笑
 
iPhoneならBread Wallet、androidならBitcoin Walletというアプリがシンプルでオススメです。英語ですが、とりあえず無視して進んでください。まずはよくわからなくても先に進むことが大事です笑
 
Bread Walletは確かこのフレーズを保存してください、と言ったメッセージが出ますが初心者の人はまだ気にしなくていいです。とりあえず失くさないようにコピーし、どこかに一応保存しておいてください。androidBitcoin Walletはシンプルにすぐ使えるようになります。
 
さて、Walletを開いたところで
 
Bread Wallet(iOS)

f:id:coinandpeace:20141011185432p:plain

f:id:coinandpeace:20141011185437p:plain

 

 

Bitcoin Wallet(Android

f:id:coinandpeace:20141011191027p:plain

 

 

上記のような画面がそれぞれ出るはずです。

※注

(上記のスクリーンショットに私の情報も若干入ってますが、少額しか入れていない、かつ基本は公開しても問題ない情報なので、みなさんの勉強のためによしとしましょう。ただし、公開鍵がばれると他人に自分の送受金の履歴がばれるので、よく使うアドレスに関してはあまり公開しない方がいいと思います。詳しくはまた後で説明します)

 
 
さて、おそらく一番目につくQRコードがPublic Key(公開鍵)と呼ばれるものです。ある意味e-mailのようなもので、これが私が公開しているアドレスで、これを宛先にしてビットコインの送金をします。
 
例えば、私のBread Walletの 場合1HV....ってやつで、Androidの方ですと、1Txj...ってやつです。これらの情報があれば、なんと読者の皆様が僕にお金を送ることも可能なのです。
 
これがビットコインのすごいところの一つです。この送金アドレスさえわかれば、相手がよくわからないネット上の相手でも、簡単に送金ができてしまうのです!こんなことはクレジットカードでは絶対にできません。
 
本当は実験に私のPublic Addressに数円でも送ってみてください。と言いたいところですが、初心者の人たちはまだ財布にお金が全く入っていない状態だと思います。
 
そこで今回はなんと自分の身を削って、コメントに公開鍵を入れていただければ、私から10円程度のビットコインを数人に送ってみようと思います。コメントする人がいればですが笑
いても数人ですよ。かつ、すでにわかっている人は冷やかしでコメントしないでください。本当に今お金ないので笑
 
もう一度いいますが、公開鍵というのは、QRコードの下とか横に書いてある一見ランダムの英数字です。
 
最後にまとめると、私はコメントに公開鍵を入れてくれた人の情報を何も知らなくても送金ができる、というのがポイントです。最初にお金が入った時は感動するかも?とりあえず最初の一歩を踏み出せた方たちはおめでとうございます。
 
それでは。