読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

ビットコイン VS クレジットカード セキュリティー編

ビットコインのセキュリティーについて考えてみましょう。

 

Mt. Gox(マウントゴックス)の破産問題などもあり、ビットコインは危ない、あやしい、信じられない、という意見を持っている人も多いでしょう。少なくともマスメディアでの報道はネガティブ、懐疑的なものが多いと思います。

 

私はセキュリティーのエキスパートでもなんでもありませんが、確かにビットコインはセキュリティーの面でまだまだ課題は多いようです。プログラマーの人たちの話を聞いても、脆弱性は今後も見つかるだろうし、今もコアデベロッパーの人たちが、ビットコインというプロトコルのセキュリティーを改善しようと日夜頑張っています。

 

また、ビットコインの特徴として、一度送られたものは基本的に二度と返ってこない、という特徴があり、既存の円やドルなどに比べ、ユーザー一人ひとりが自分の資産を守るための責任が大きいです。銀行に円を貯金しておけば、最終的には銀行が保証してくれるだろう、という安心感は銀行というシステムの強みだとも思います。

 

それでは、やはりビットコインはセキュリティーのことも考えると、銀行であったりクレジットカードに劣るのでしょうか?必ずしもそうとは言えません。

 

ビットコインの根幹のコンセプトとして、分散型のシステムというものがあります。つまり、中央政権的な組織がビットコインには存在しないのです。Mt Goxの破綻の件でもよく勘違いされていますが、問題があったのはMt Goxという一つの取引所であり、ビットコインというプロトコルの安全性とは全く別次元の話なのです。中央政権のないビットコインの仕組みでは、攻撃する対象がいない、というより世界中に分散しているため、システム全体を乗っ取るといったことが極限まで難しくなっています。

 

例えば、地方銀行が倒産して(あながちない話でもないですが)、それがきっかけに日本経済全体に影響が出たとしても、おそらくそれはその地方銀行の問題だ、とみなさん思いますよね。別に銀行の仕組み全体が正常に機能していない、とはならないはずです。

Mt. Goxは倒産時点でのビットコインの取引量がかなり大きかったため、ビットコイン世界全体に与える影響も大きかったですが、所詮取引所という一つの企業の失敗であったと言えます。何より、Mt. Goxの教訓を学び、それから色々出てきた取引所はセキュリティー対策には特に気を配るようになっています。

 

何が言いたいかといいますと、ビットコインは少なくとも机上の仕組みの上では、既存の銀行であったり、クレジットカードの仕組みよりずっと攻撃しにくいシステムなのです。信じませんか?

 

それでは違う見方をしてみましょう。最近特に多くなっている、クレジットカード情報の流出です。

 

アメリカでの話になりますが、数日前にもJP Morganの顧客のクレジットカード情報の一部が流出しました。7600万人のユーザーと、700万の小規模店舗の名前、住所、メールアドレス、電話番号が流出したと推定されています。これってものすごいことじゃないですか!?

 

また、先月にも米ホームセンター最大手Home Depotの顧客クレジットカードが流出した事件があり、5600万人の個人情報、クレジットカード情報を盗まれたそうです。影響を受けた人たちは、クレジットカードの交換、パスワードの変更などを余儀なくされました。まあそれはそうですよね。

 

この他にも米スーパーマーケット大手Targetでの顧客情報が流出したケースなどもあり、もはや「またか」と思ってしまうほど頻繁に起きています。日本でも先月JALで一部顧客情報が流出、というニュースもありましたね。

 

まとめますと、クレジットカードは安全でもなんでもないのです。それぞれの企業や銀行が個人情報を守ろうと必死に対策を打っていますが、ハッカーにとって攻撃すべき対象が中央(企業の本社など)に集まっており、分散型のビットコインと比べて攻撃しやすいから、というのも大きな要因だと思います。

実際JP Morganはセキュリティー対策のため、1000人以上の専門家を雇い、年間250億円以上もお金を使っています。それでも、今回のような大規模なデータ流出が起きてしまうのです。

 

これからの社会は今までより一層個人情報や、情報セキュリティーを確保していくことが重要になっていくと思います。別にクレジットカードに何も利点がないとは言いませんが、ビットコインに全然興味のない人たちも一度自分のプライバシー、個人情報を上手く守れているか見直してみるといいかもしれません。多分ぞっとしますよ笑

 

今回は少し堅い話になりましたが、次回はバランスをとって軽いトピックについて書こうと思います。では。

 

 

参考にした記事


JPMorgan Breach Heightens Data Security Doubts - DailyFinance

 

 


JAL個人情報漏えい、6桁暗証での危険性 : IT&メディア : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)