読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインダンジョン

Bitcoin (ビットコイン)やブロックチェーンを技術に詳しくない人たちのために、面白おかしく、そして真面目に語ります。独自暗号通貨を使った、日本初の読者参加報酬型ブログ。

年始の自分のビットコイン/ブロックチェーン業界予想の答え合わせ!

さて、今年もそろそろ終わりということで、自分が今年の1月1日にした予想がどこまで合ってたか(間違っていた)かを答え合わせ、採点してみようと思います。

年始に予想した記事は以下です。

 

coinandpeace.hatenablog.com

 

価格

ビットコイン価格は現在進行形で今すごいことになってますね!正直上がり過ぎてて自分もちょっと困惑してるくらいなんですが(笑)、自分が年始にした年末の価格予想は650ドル、現在の価格が930ドル程度。一度850ドルくらいまで下がった後に1日ちょっとでここまでまた戻してきて、1000ドルをうかがっている感じでビビっています。

 

ビットコイン価格の予想は大きく下に外してしまったようです。が、これについて文句を言うビットコイナーはそんなにいないでしょう笑

絶対値は外しましたが、年始の時点でビットコイン価格はある程度強気でもいいんじゃないかという根拠として、ビットコイン半減期と既存の仕組みの混乱、金融危機などでビットコインに注目が集まるのではないか、というのが主な主張でした。

 

これに関してはある程度予想通りで、半減期直前でビットコイン価格が上昇し、また現在のビットコイン価格の高騰もやはり半減期によるマイナーへの報酬減というところがある種ボディブローのようにじわじわ効いてきている結果とも見れます。

また、ご存知の通りBrexitや、トランプの大統領戦勝利、インドでの高額紙幣廃止、ベネズエラのハイパーインフレーションなど、足元の経済の状況がなんだかグラグラしてきている感じはあり、そういう動きは総じてビットコイン価格に関して言えばプラス材料になることが多いですね。

  

また、今年後半にかけて一般企業やメディアへのビットコインへの注目が増して、ビットコインのイメージが改善されていくのではないか、という予想もしていたのですが、これに関してはほぼ的中というか、想定よりもむしろ特に日本国内でのビットコインのイメージの改善は大きかったと思います。Bitgirlsのようなテレビ番組にもビットコインをイメージさせるものが出てきたり、また先日bitFlyerが一般層に向けて有名な女優さんを起用したCMを始めたり、正直国内でここまでビットコインが盛り上がるというのは自分の予想の上を言ってました。

www.youtube.com

 

ただし、ネガティブ要因としてはやはりブロックサイズの問題などを挙げていて、自分は楽観的だと言っていたのですが、想像以上に泥沼、苦しい展開になっているという部分は間違っていたと思います。また、R3CEVなどが勢力を持つ可能性もビットコインに対する懸念としてあげてましたが、どちらかといえばこれは勝手にマイクハーンしそうな雰囲気が出てきてますねw


自己採点: B+

ビットコイン vs ブロックチェーン

 

年始の予想では、前半は(プライベート)ブロックチェーン無双が続き、ただし後半にかけてブロックチェーンの意義や効果が見直されたり、疑われたりして、ビットコイン回帰の動きが出てくるのではないか、と予想していました。

もはや今年前半がどんな様子だったのか覚えてないのですが(笑)、シナリオとしてはおおむね外してはないのかなと思います。

今もまだある程度ブロックチェーン神話みたいなのはありますが、段々ハイプや夢物語みたいなものは収まってきて、脱ブロックチェーンの動きが見られたり、業界内外からの冷静な批判も起きていたり、ビットコインの価格上昇なども含めてですが、エネルギーが段々ビットコイン周辺に戻ってきている感覚もあります。


ただし、想定以上にブロックチェーンハイプが強かったというか、勘違いなども含めて定着してしまった感じもあり、その点では自分が予想した感じ(大部分失敗して使い物にならない、みたいになる)とは少し違った様相になっているかと思います。

自己採点: B-

ビットコインの上のレイヤーの話

 

年始は、今年中にライトニングやサイドチェーンが実用されることはないけど、ただしその原型のようなものが現れてくるのではないかと予想しました。

ただし、実際にはSegWitの公開が予想より遅かったこと、ブロックサイズなどを巡る業界内での政治抗争的なものの影響もあり、想定したよりセカンドレイヤーの部分は進まなかったというのが正直な印象です。とはいえ、何も起きていなかったわけではなく、見えないところで開発は進んでいるわけですが、これに関して言えば自分が予想した楽観的なシナリオと現実は大きくかい離していると思います。

 

自己採点: C

ブロックチェーン2.0

ブロックチェーン2.0の領域はイーサリアムなどでスマートコントラクトを利用したDappsなどが盛り上がる、スマートコントラクトで全てを分散化しようとする動きが出てくる、ただし上手く行かないものがほとんど、という予想でした。

まあかなりざっくりした予想なので「予想通り!」とは言いづらいところもありますが、控えめに言ってもまあこんな感じです笑

f:id:coinandpeace:20161223134221j:plain

 
やはり一番衝撃的だったのがThe DAOのハイプと崩壊、他にも色々スマートコントラクトを利用したプロジェクトがバンバンICOをして数億円規模の資金を一瞬で集めたりなども相次ぎましたが、正直に言えば大部分は中身のないもので17年以降崩壊劇みたいなのが続くのではないでしょうか…(来年の予想はまた年始にやりますが)

 

また、イーサリアムに近い分散アプリケーションプラットフォームを標榜していたSynereoの空中分裂も記憶に新しいですし、その点では大きく盛り上がるけど、失敗が続くみたいな自分の予想はあっていたかな、と思います。まあでもこれは業界内の人ならそこまで予想するのは難しくなかった気もしますが。

自己採点: A

 

キラーアプリ

 

年始はキラーアプリは出てこないんじゃないか、ただしその中で可能性があるとしたら、ゲーム、国際送金、またIoTへの応用、というところにしていましたが、これはそこまで近くなかったかな、と正直思います。

 

まあ、ゲームの領域に関しては自分もここらへんをメインにやってるのでかなりバイアスがかかってしまうのですが、自分が中心に進めているProject ORBが正式に稼働したり、SoGとイギリスの有名テレビチャンネルChannel4とのパートナーシップ、他にもゲームの領域ではGameCreditsが注目されることもありましたし、ゲームとブロックチェーンという領域は着実に進んではいますが、まだキラーアプリと呼べるレベルまでは到達していません。全体的に見ると来年に向けて準備が進んだ年、くらいの位置づけでしょう。

国際送金ですが、Circleなどがビットコインを使った送金にフォーカスして一定の結果を残してはいるようですが、Abraについても最近ほとんど話を聞かないですし、想像以上にこの分野は今年盛り上がらなかったですね。やはりビットコインと法定通貨間の交換の部分での摩擦、お金受け取りの部分にかかる手間やコストのところなど、思った以上にこの分野は難しい、時間がかかるということが今年わかったと言えるかもしれません。

 

また、IoTへの応用もいくつか取り組んでいるプロジェクトはありますが、少なくとも今年中に何かインパクトを残した企業やプロジェクトがあるかと言えば皆無です。本当はSlock.itがここらへんでイケイケ行くはずだったんですけどね~…w


ふたを開けてみると今年ビットコイン躍進のキラーアプリになったというのは、中国元切り下げと資産移動、高額紙幣廃止問題やハイパーインフレーションなど既存システムの崩壊という意味合いの方が強かったですね。

 

自己採点: C-

 

国内の業界

 

国内の業界の予想は、前半はブロックチェーン祭りで後半にかけて失速という感じだったのですが、まあ遠くはないかな、くらいな感じです。

 

実際にはそこまで失速というほどではなく、むしろブロックチェーン関連の書籍がバカ売れしたり、よく言えば「ブロックチェーンの定着」、悪く言えば「勘違いの固定化」とでもいえる状況になったと思います。


企業はPrivate chain、もしくはスマートコントラクトから入ってくる、そして大企業も入ってくるというのはあってましたが、これはそこまで予想は難しくなかったので、なんともですね。

後は楽天結局何もやってないじゃん!笑

 

自己採点: B̠-

 

総評

 

というわけでどうでしょうか?

 

自分的には外したところもあるとは思いますが、概ね予想通りだったところの方が多いかな、と思います。

同時にイーサリアムの前半の躍進と後半の失速の落差、他にはMonero、Zcashなどの匿名系のコインへの注目辺りはちょっと想定してなかったりもありますが、Dappsのハイプと失敗など大きな視点からは外してはなかったかな、と。

 

というわけで最後に自分で総合評価をすると、ずばりB!(超微妙笑)くらいですね。ただ年始予想した時点では外れると思ってたことも多いので、むしろ満足してます笑


2017年の予想はまた年始にする予定なので、そちらも是非ご期待ください。今年は業界全体では前進の年であったことは間違いないと思いますし、見方によっては最も楽観的なシナリオの上を行くくらい業界全体として前進したと言えるかもしれません。同時にブロックサイズやスケーラビリティの問題など今年中に解決できなかった問題もあり、果たして来年ここらへんの話がどうなるか、もし解決の方向に向かったら17年はビットコイン、ブロックチェーン技術全般に関してさらなる飛躍の年になるのではないでしょうか。

 

そして最後にお知らせですが、明日12月29日に上記のような今年の振り返りも含めたビットコイナー反省会年末スペシャル放送があるので、是非リアルタイムで視聴して一緒にこの1年を振り返りましょう!

今回はリスナーを交えた投票なども行っているので、そちらも是非参加してください。詳細は以下です。

coinandpeace.hatenablog.com

 

 

来年はビットコイナーとしてワンチャン来るかな…笑

それでは。 

Donate with IndieSquare

 

***
このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、もしくは面白かった場合は、上記の寄付ボタンをクリックして、IndieSquare Walletからビットコインで是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

CNPCOINを集めると、CNPCOINを持っている人にしか見れないトークンフォーラムで自分のぶっちゃけ話を読めたり、トークンを使ったブロックチェーンゲームのカードの購入などに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

また、寄付金額やこのブログのアクセス数の推移により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブがあるようにしています)最初は、CNPCOIN=1円から始めて、2016年8月時点でCNPCOIN=3円のレートでビットコイン寄付に対してお返ししています。

独り身ビットコイナーとクリスマス

クリスマスですね、とうとう。皆様いかがお過ごしでしょうか?笑

 

家族サービスを一生懸命している既婚ビットコイナーの方も多いと思いますが、この記事は独身のビットコイナーの人に向けて書きたいのですが…

 

自分がフルタイムビットコイナーになってからこれで通算三度目のクリスマスですが、どう頑張っても去年、一昨年とクリスマスに何をやっていたか、全く記憶がありません。人間は都合の悪いことは積極的に忘れていけるようなので、そういうことでしょうか…。記憶にあるのと言えば、「War is over if you want it」をYoutubeでリピートして、飽きたらちょくちょく山下達郎とLast Christmasあたりをぶち込んでたくらいしか記憶にありません。

 

わかりますか、それもこれも全てビットコインのせいです。

 

自分はビットコインのせいで仕事をやめたり、恋人と別れたり、国を離れたり、変な人だと思われたり、資産が半分に減ったり、Goxしたり、詐欺師に囲われたり(ww)、Fintech女子会なんていう女子力が高いか低いのかわからない会を開くようになったり、そしてクリスマスも関係なくそればっか考えているような、ビットコイン被害者をたくさん知っています。

ただし、冷静に考えればビットコイン知る以前もここ数年で特にクリスマスの記憶がない

 

 

retrip.jp

 

上記記事から引用

クリスマスデートといえば

クリスマスのデートと言えばやはりイルミネーションではないでしょうか。目移りしてしまうほどにキラキラと輝く光の星々はカップルにとっては最高のデートスポットになります。
近づきたいあの子がいる、二人の時間を大切にしたい、今年こそは決めたい、それぞれの想いをもって挑むのがやはりクリスマス。そんな皆さんにオススメのデートスポットをご紹介します!

f:id:coinandpeace:20161224140122p:plain

 

ビットコイナー春の時代は近い!?

 

まあつまり自分がここ数年クリスマスの記憶が都合よく消えてるのでも、自分の人間性の問題ではなく完全にビットコインのせいなわけです。しかし、そんな状況に変化が見え始めている可能性が…!!!!?

 

www.youtube.com

 

な、なんということだ…、なぜビットコインがこんなポップなコマーシャルになってるんだ笑(こ、これ、成海さん、ワンチャンあるんじゃないのか…)

 

bitFlyerは前からビットコイン企業らしからぬクリーンでメインストリームなイメージ作ろうとやってきている感じですが、このCMに関しても賛否両論あったようですが、全体的に見るとイメージ改善にもなりますし、いいことなのは間違いないですね。一般層は結局こういうイメージとかで決めたりすることもありますし。


(この前勝手に石原さとみでNEMの広告みたいな合成写真作っている人いましたが、それだけでNEMのイメージ10倍くらいに上がりましたからね)

 

これだけじゃまだ説得力が薄い?

f:id:coinandpeace:20161224143724p:plain

 

Moonしてます。

 

まあいつクラッシュしてもおかしくはないですが、もし17年もビットコイン価格が上昇していったら、来年のクリスマスに向けたビットコイナーの基礎体力が上がるわけです笑

 

 

え、今年はあきらめるべき?

 

独り身ビットコイナーの皆さん、安心してください。今日と明日、とりあえず上記の記事みたいなもので紹介されているクリスマススポットに、FoWのカードやその他のレアなトークンを置いとくので、これでクリスマススポットに一人でも堂々と行く理由が出来ます!涙

 

f:id:coinandpeace:20161224145548p:plain

 

 

 

 

え、自分は今何をやっているのか?

 

f:id:coinandpeace:20161224144211p:plain

 

Baby boy、私はここにいるよ。

 

 

f:id:coinandpeace:20161224144839j:plain

 

とりあえず一人で大腸麺食べてます。

 

まあでも、そもそもクリスマスだからと言ってうわついてチャラチャラしている暇があったら働けって話ですよ。そういうの基本嫌いなんですよね。ビットコインはチャートもマイニングもクリスマスも年末年始関係なく動いているし、ビットコイナーもだからそんなの無視して粛々とやることやるのみ。

 

とりあえず今日の夜はバーでも行って奇跡のワンチャン目指すので探さないでください。

 

それでは。

 

Donate with IndieSquare

***
このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、もしくは面白かった場合は、上記の寄付ボタンをクリックして、IndieSquare Walletからビットコインで是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

CNPCOINを集めると、CNPCOINを持っている人にしか見れないトークンフォーラムで自分のぶっちゃけ話を読めたり、トークンを使ったブロックチェーンゲームのカードの購入などに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

また、寄付金額やこのブログのアクセス数の推移により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブがあるようにしています)最初は、CNPCOIN=1円から始めて、2016年8月時点でCNPCOIN=3円のレートでビットコイン寄付に対してお返ししています。

 

ビットコイン価格急騰!要因と懸念、楽しみ方は?

クリスマスに向けビットコイン価格が上がりすぎてて正直ちょっとビビってます。

少し前の記事で、ビットコインへエネルギーが戻ってきてて足場が固まってる感じがあるという話をしましたが、想像以上に何かきてますね。

f:id:coinandpeace:20161223151013p:plain

 

1か月ほどの価格チャートで見ると以上の通りですが、じわじわ価格を上げてきてこの数日で爆発した感じです。

 

自分はとレーダーではないので(まあ趣味でちょっとアルトコイン転がしたりすることもたまにありますが)価格が今後どうなっていくかなどは予想できないですが、今回の価格上昇がきっかけでビットコインに興味を持ったり知ったという人たちもいると思うので、このビットコインのビッグウェーブに全力で便乗していきます!笑

まず初心者のみなさん…

 

まずそもそもなんでビットコイン価格が上がってるの?

 

ビットコインの価格は割と素直にテクニカル(チャート分析)に沿って動くというトレーダーの人たちも多いですが、自分はチャート見たりは全くできないのでテクニカル分析の観点からどれくらいまでビットコイン価格があがりそうか、どのくらいのタイミングで落ちそうか、とかはわかりません。

ただし、よりファンダメンタル的な部分で言えば、インドの高額紙幣廃止、ベネズエラのハイパーインフレーションなどに関連して一般メディアからも富の退避先としてビットコインに注目が集まっていること、中国元の切り下げがさらに進んでいることなどがよくあげられます。実際上記のような要因がどこまで今回の価格上昇に影響しているかは知りませんが、経済の混乱や先行き不透明はビットコインとってはプラスですし、投資先の一つとしてビットコインが段々選択肢の一つとして本格的にみなされてきている、ということかもしれません。

 

まあ他にも色々後付けで理由はつけられそうですが、ビットコインに様々な理由で一般層からの注目が少しづつ増していて、それが今までジワジワ効いてきたのがこのタイミングで何か爆発して小規模にバブってるって感じでしょうか。

 

懸念材料は?

このブログを普段から読んでいる人ならおそらくほとんどの人がすでに知っていると思いますが、ビットコインにとって一番大きな懸念材料がコミュニティ内部での論争だったり、SegWitという技術の採用に関する業界内の不一致などがあげられます。

 

もし最近ビットコインに興味を持った、投資を考えているみたいな人たちにとっては何のことか少しわかりづらいと思いますが、SegWitを巡る内部分裂の解消がない限り、この問題はビットコインにとっては大きなリスク要因になることは認識しておいた方がいいでしょう。

ビットコイン買うにはどうすればいいの?

 

もしこのタイミングでビットコインの購入を考えてる人がいるなら、もう大分古くなってしまいましたが、自分が国内の主要取引所にインタビューしたこちらの記事なども参考にして、自分に合いそうな取引所を見つけてください。

 

ビットコインをとりあえず少額から買ってみたいという人は、どこで買っても正直そこまで変わらないと思うので、何となくよさそうな取引所を感覚で選んで問題ないと思います。それぞれ本人確認が必須なのでそこはちょっと面倒ですね。

他にもLocal Bitcoinなどを使って対面取引みたいなことも出来ますが、そっちの方がよっぽどハードルが高いので、初心者はやはり上記のような取引所でビットコインを買うのがおすすめです。

 

これだけは気をつけて…

新しい人たちが興味を持ったり、ビットコイン業界に入ってくるのは大歓迎ですが、以下のことにはとりあえず気をつけて欲しい…。ということはずっと言ってるんだけど、結局初心者はそういうアドバイス無視する人が多いのですが…


・取引所は絶対に二段階認証を設定しろ

基本的に取引所でビットコインを買うことになると思いますが、絶対に二段階認証を設定してください。これをしないことで、数十万円とかもっとを失った人を何人も知っています。二段階認証って何?って人は取引所のサポートに連絡するでも何でもいいですが、これだけは絶対やってください。

・取引所に多額のビットコインを置くな

これももうかれこれ2年以上ずーっといってますが、初心者はやはり絶対にビットコインを取引所に置きたがります。人によってはそもそも取引所にビットコインを置くこととと自分でビットコインの管理をすることの差がわかってない人も多いのですが、もし本気で多額のビットコインを買うこと考えているなら、その差がわからないのにビットコインを買うのは絶対にお勧めしません。もし何のことを言っているかわからないなら、もう少しリサーチするか、もしくはこの記事にコメント残してくれてもいいですが、調べてください。情報はたくさん落ちてます。(めんどいのでリンクすら貼らないw)

・詐欺に気を付けろ

ビットコインの価格に便乗して荒稼ぎしている詐欺的な業者も残念ながら多いです。業界内の人からすると詐欺(スキャム)は明らかなのですが、一般層では残念ながら引っかかってしまう人が多いようです。もし何か怪しい、おかしいと思ったらほぼ間違いなく黒なので疑った方がいいでしょう。ここらへんはでも自分の頭で考えればわかるはずです。

 

・リサーチしまくれ

もう後はこれに尽きます。一度ビットコインについて触れるともっと知りたいと思う人も多いでしょう。日本語でもニュースサイトやサロン、勉強会などビットコインについて学べる場は今はいくらでもあるので、自分で学ぼうという姿勢さえあればいくらでも詳しくなれると思います。逆にたまに、自分で考えるのを拒否しているというか、リサーチする気もないような人たちもいるのですが、この世界はまだまだ自己責任の世界というか、そもそもこの技術は誰かを信じるとか頼るという根本的な考え方の軸を変えていく必要があるものなので、是非そこらへんは意識して欲しいですね…。

 

 

そして、ビットコイナーの皆さん、業界内の皆さん…

 

過去の思い出にひたる…

日本のビットコイナーの大部分にとって今の900ドル付近の価格というのは未体験のゾーンでしょう。自分も含めてですが、日本人ビットコイナーはGoxハック前後で入ってきた人たちが多いので、Goxしたか、もしくはかなり高い値段でビットコインを買ってる人たちも多いのです(涙)

というわけで、ビットコイン価格がここ数年で最低の200ドルくらいまで下がってしまった2015年の1月のあの日、ビットコインはダメですとか言って価格を爆下げした(しやがった)マイクハーンの衝撃、気持ちよくビットコイン価格上がってきたと思ったら壮大にGoxするBitfinex…。そんな記憶を思い出しながら、いつ終わるかわからないこのビットコインのスーパームーンモードを楽しみましょう笑

 

アルトコイン移行のタイミングうかがってる?笑

 

さすがにビットコインがか上がりすぎということで、てっぺんあたりでショートしたり、アルトコイン買ったりするタイミングをうかがっている人も少なからずいるでしょう笑多分すぐに一回ビットコイン価格は調整に入ると思うのですが、どれくらいになりそうかわかる人いたら自分にもこっそり教えてくださいw

 

アルトコイナーの沈黙?

海外のビットコインスペースはTo the MOOOONとか言ってもう大盛り上がりの人たちも多いですが、日本国内スペースでは結構テンション上がりきってない人も多いですよねw

 

多分アルトコインの比率が多い人たちだと思うのですが、ビットコイン高騰でアルトコイン相場はしばらくひどい状況ですね。まあビットコイン価格に調整が入った時点でまたアルトコインに資金が集まってくる可能性もあると思いますが、なんだか日本のいわゆるコミュニティ内でもアルトコインで上がった下がった、ばっかりになっている感があるのは前から個人的にはちょっとなんだかなーという感じはあったので、アルトコインに投資したりトレードしたりは全然いいと思うのですが、なんかそればかり盛り上がるのはちょっと違うんじゃないかな、と個人的には思ってます。まあ自分は完全にビットコイン寄りであるので、「余計なお世話だ」みたいな人も多いと思いますが(w)、ビットコインにも問題は多いですが、それでも少なくとも現時点でビットコインとアルトコインの間でのギャップは多分思っている以上に大きいです。

 

Twitterとかで盛り上がろう

今年は自分は海外のビットコインスペースも現地に行って実際に見てますが、日本ほどSNSなどを中心にビットコイン、アルトコイン、ブロックチェーンに関してワイワイ盛り上がっている国は珍しいです。特にTwitterが活発ですね。

 

日本だけに許された楽しみの一つかもしれないですし、これからさらに1000ドル越えいったとしても価格がクラッシュして涙の展開になっても多分盛り上がっている人たちがいるので、情報収集もかねてTwitterとかで関連する人たちをフォローすれば面白いかもしれません。

 

誰をフォローするべきか?うーーん、ほとんどみんな変な人たちばかりなので、ちょっとそこはノーコメントで笑

 

ビットコイナー反省会見てね笑

そして年末に向けていきないのビットコイン価格爆発も含めてですが、「今年の○○」投票もやっている12月29日のビットコイナー反省会の年末特別放送是非見てね!笑

 

そのころまでにはもしかしたらビットコイン価格がクラッシュしてまた血の海が広がっているかもしれないですが、それも含めて今年1年のビットコイン/ブロックチェーン業界を振り返り盛り上がりましょう。自分で言うのもなんだけど、この業界の1年を振り返る貴重な機会でかなり役に立つ(話もある)はず!なお、役に立たない話も多いです。

 

それでは。